イモビライザーのせい?

高級車

 先日、葛西臨海公園に行って一通り遊んで、さぁ帰ろうと思ったときに、けたたましく、自動車のクラクションが「ぷー、ぷー、ぷー」と等間隔でなっているところを通りかかりました。このクラクションが鳴っているときには同期してウインカーも点滅しています。かなりの高級車のようだったのですが、運転をしている人は困ったような表情でキーを操作しているようでした。

 公園にいた多数の通行人の人もいったい何事かとそのクラクションを鳴らしている車の横を通り過ぎていきます。何かとんでもないことが起こるのではないかと、大半の人はその車から離れるようにして歩いていました。また近くのホテルからは従業員の人が様子を見るために出てきて、遠巻きに見ていました。


 最初は何かの公園への嫌がらせかな?とも思っていたのですが、運転席に座っている人の様子がそんなことはなさそうだったので、いったいどうしたのだろう?と家に帰るまで気になっていました。家に帰ってから調べてみたのですが、もしかするとイモビライザーが動作して警告音が鳴っていたのでしょうか。この辺の投稿記事(価格.com – 『防犯機能にご注意を』 ホンダ ステップワゴン のクチコミ掲示板)を読むと似たような体験が書かれています。

 この投稿記事にあるように、エンジンキーを抜いてしばらく経った後で、車内からドアを操作したという状況ではなかったような気がします。昼間だから良かったものの、夜中の住宅地でやってしまったら相当の迷惑になってしまうでしょう。気をつけなければいけません。

 私のラフェスタにはイモビライザーの機能は装着されていないので、同様のことが発生することはありませんが、何が契機でイモビライザーが動作してしまったのか気になるところです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
自動車・カー用品・メンテナンス
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント