群馬県の「碓氷峠鉄道文化むら」は貴重な歴史遺産

シェアする

群馬県の「碓氷峠鉄道文化むら」

群馬県の横川駅の近くにある「碓氷峠鉄道文化むら」というところに行ってきました。前回は2007年に行っているので2年ぶりになります。(横川にある鉄道文化むらに行ってきた(その1)

横川というところは、軽井沢駅のひとつ手前の駅なのですが、ここから軽井沢にかけては、碓氷峠という難所があり凄い急坂を登っていかなければいけません。昔はここで特急電車や各駅停車などすべての列車には補助機関車を連結して峠越えをしていました。

したがって、この横川駅では補助機関車の連結・切り離し作業があるので、どの列車もしばらくの間は停車します。この停車時間を使って販売されていたのが、おぎのやの峠の釜飯になります。


今回も文化村に入る前に、おぎのやのドライブインに入って、峠の釜飯を食べました。この峠の釜飯を食べると、碓氷峠に着いたんだなという感じがこみ上げてきます。おぎのやのドライブインをあとにして、数分で鉄道文化村に到着です。午後1時ごろに着いたのですが、駐車場が満杯になってしまっていました。

やはり高速道路1000円の制度を利用してきたお客さんがたくさんいるのでしょう。運良く正門の右側にあるエリアで駐車場の空きを見つけたので、こちらにラフェスタを駐車して展示施設へと向かいました。ちなみに駐車料金は施設を利用する人であれば無料です。

しかし、長野新幹線が運転を開始した際に、この横川駅と軽井沢駅の間については廃止されてしまいました。運転にあまりの多くの費用がかかり割りにあわないためです。したがって同区間ではバスが運転されています。

碓氷峠鉄道文化村はこの廃線跡と電気機関車の機関区を整備してオープンした施設です。車両については、この碓氷峠にゆかりの深い車両のほか、高崎運転所に集められていた歴史的な車両が一同に集められました。

この碓氷峠については明治の時代に開通した際には、アプト式という線路と線路の間にギザギザのついたレールがもう一本ひいてある、非常に珍しい形式の鉄道でした。

アプト式レール

機関車側に歯車がついていて、このギザギザのついたレールの上を歯車が絡み合って運転されます。したがって、普通の機関車では滑って登ることが出来ないような坂でも上ることが出来ます。開通してしばらくはアプト式の蒸気機関車で運転されていましたが、この区間はトンネルが多くて煙がこもってしまうので、かなり早い段階で電化されてアプト式の電気機関車が取り入れられました。

これも鉄道文化村で初めて知ったのですが、最初の電化のときには第三軌条方式で給電していたそうです。この方式は東京の地下鉄丸ノ内線や銀座線など古くからある地下鉄で採用されているのと同じ方式で、2本のレールとは別にその外側で電気を流すためのレールを一本敷設し、そこから給電していました。駅の構内などでは安全面から架線からの給電を併用していたそうです。

このアプト式電気機関車についても何世代かの世代交代があり、比較的後期に活躍したのが、ED42という電気機関車です。この鉄道文化むらではこのED42の1号機が大事に展示されています。

ED42型電気機関車1号機

そして、新線が建設されて、今度はアプト式ではなく粘着式運転方式の電気機関車が導入されました。ここでEF63型電気機関車が投入されます。このEF63型電気機関車も機関庫の中に保存されていました。この機関車はサイドのパネルが取り外されているので、電気機関車の中がどのようになっているのか、実物を見ることが出来るようになっています。

EF63型電気機関車

ちょっと変わった車輌としては、車掌車が展示されていました。ヨ3500という形式の車掌車です。

碓氷峠鉄道文化村のヨ3500

1985年3月のダイヤ改正までは貨物列車の最後尾にはこのような車掌車が連結されていました。いったい、車掌車の中がどんな風になっているのか非常に興味があったので、この機会に見学してみることにします。

ヨ3500の車内

結構、車内は広くて、両サイドにロングシートがありました。ロングシートに挟まれるように真ん中にはダルマストーブが置いてあります。WIKIPEDIAを見てみると、「本車はED42形電気機関車を動態復元した際に、600V専用機であるED42 形式を1500V架線下で走行させるため、ED42 形式のパンタグラフからの母線を一旦本車に引き込み600Vに降圧する目的で、車内に抵抗器を搭載する改造が行われている。」という記載があるのですが、そんな様子は車内からは見られません。もしかすると、元の姿に戻すための改造が再度実施されたのでしょうか。

続いて、オハユニ61という珍しい客車を紹介します。1台の客車の中が、普通座席部分、郵便車、荷物室の3種類の部屋に仕切られています。地方のローカル線などで、あまり編成を長くしたくないときには、このような車輌が重宝したのではないでしょうか。

まずは座席部分です。木造の作りが何と言ってもレトロな雰囲気を漂わせています。

オハユニ61の座席部分

その奥にあるのが郵便車です。細かい仕切りが付いた棚があるのが判ります。ここに郵便物を小分けにして配送したのでしょう。

オハユニ61の郵便室

そして、さらにその奥にある荷物室です。こちらは非常に頑丈な作りになっていることが判ります。

オハユニ61の荷物室

続いて今ではほとんど見ることが出来なくなった食堂車です。オシ17という形式です。

食堂車の外観

車内は後年に電気機関車の訓練設備が増設されて改造されていますが、車輌の半分には食堂車っぽい雰囲気が残っています。

オシ17の車内

ほかにも色々な車輌が展示されていて、丹念に見て回ると、3時間程度が必要だと思います。また、建物の中に行くと、ジオラマ模型による模型列車の運転もされています。こちらは碓氷峠をテーマにした解説もあり、碓氷峠の歴史を簡単に学ぶことが出来ます。

模型鉄道

前回来たときよりも、一部の車輌は塗装がはがれてしまったり痛みが出てきていました。貴重な車輌が数多くあるので、是非、整備の方もすすめていってもらえればと思います。

碓氷鉄道文化むらの公式サイトはこちらです。

碓氷峠鉄道文化むら
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. めがね橋(碓氷第三橋梁)を見学しました

     軽井沢に行く際、あえて松井田妙義インターチェンジで一般道におりて、軽井沢まで…