冷やし味噌ラーメン(麺特大)の平太麺を食べた

冷やし味噌ラーメン

久しぶりに吉祥寺の蒙古タンメン中本に行ってきました。行ったのは木曜日の午前11時30分頃です。まだお昼前ということもあって、店内のカウンター席はポツポツと空いているところがありました。

今回は暖かい日でしたので、冷やし味噌ラーメンの食券を購入してみました。冷やし味噌ラーメンと聞くとそんなに辛くないようなイメージがあるのですが、実はこの冷やし味噌ラーメンは蒙古タンメン中本の中でも最も辛いメニューの一つになります。

そして、食券を店員さんに渡すときにいつもと違うことがありました。店員さんから、「普通の麺と平太麺が選べますがどちらにしますか」と質問を受けました。普通の麺であればいつでも食べることが出来るので、今回は平太麺を注文してみます。


そして、ラーメンが出てくるのを待ちます。いつもよりも、ちょっと時間がかかったような気がします。やはり麺が太いので、ゆであげるのに時間がかかるのかもしれません。そして、10分弱待ったところで、冷やし味噌ラーメンが出てきました。

まずはこちらが麺になります。確かに太めで平べったい麺です。麺の上にはモヤシがのっています。

冷やし味噌ラーメン(平太麺)

そして、こちらがスープ(付け汁?)になります。真っ赤なスープで強烈です。スープの中には具として豚肉が入っています。

冷やし味噌ラーメンのスープ(豚肉入り)

麺を付け汁の中に入れると、たくさんのスープ(唐辛子?)が麺に絡みつきます。そして、口の中に麺を運びますが、これがとても辛いです。でも辛さの奥には深い味わいがあるので、「辛旨さ」を売りにしている蒙古タンメン中本のラーメンだということが判ります。今回の印象ですが、普通の麺よりもこちらの平太麺の方がいっぱいスープが絡みつく感じがします。

麺特大だったせいもあると思うのですが、麺が全部無くなる頃にはスープも全部無くなってしまいました。何となく身体には良くないような感じもしますが、仕方がありません。もう、冷やし味噌ラーメンも食べ慣れてきましたので、この程度でお腹を壊すことはないと思いますが、初めて食べる方は注意した方が良いかもしれません。

コメント