「渋滞情報 for iPhone」は使いやすい

渋滞

 ゴールデンウイークに突入していますが、今日(5月2日)はゴールデンウイークの中でも特に高速道路の下り線が混むのではないかと予想されている日です。最近は高速道路、バイパスも整備されてきていて、同じ目的地に行くためにも色々なルートが選択できるようになってきました。そんなとき、事前に渋滞情報を見ておけば、少しでも渋滞が少ない方のルートを選択できる可能性があります。(「交通渋滞」徹底解剖

 インターネットで渋滞情報については提供されていますが、外出先でiPhoneを使って見るためにはちょっとインターフェースが使用しにくいのであまり使っていなかったのですが、「渋滞情報 for iPhone」というWEBサービスが提供されていることを知り使ってみました。


 使い方は非常に簡単です。下記のURLをiPhoneのブラウザで指定すれば、渋滞情報を閲覧することが出来ます。

 http://blg.cocolog-nifty.com/btraffic/

 また、3種類の地域をメニューバーに設定しておくことが出来るので、よく行く場所をこちらに登録しておけば簡単にその場所の渋滞情報を確認できるようになります。私の場合は「全国高速」、「東京都心部」、「東京西部」の3箇所を登録しておきました。メニューバーに登録していない場所でも簡単に目的の場所までたどっていくことが出来るので、使い勝手は良いと思います。

渋滞情報の画面イメージ

 このWEBサイトをブックマークに登録しておいても良いと思いますし、またデスクトップに登録しておいても良いかもしれません。私は「いつもナビ」(iPhoneがカーナビになるアプリケーション)や「高速料金」などのアプリケーションとともにアイコンをデスクトップに登録して使っています。

コメント