OUTLOOKの「EXCHENGEキャッシュモード」で軽くする

outlook

会社ではExchengeサーバーが導入されていてメールソフトとしてもOutlookが使われています。現在はOutlook2003を使っているのですが、このバージョンになってから、「サーバーからの応答を待っています」というステータスのままダンマリになってしまう事象が出て困っていました。

この状態になってしまうと、OUTLOOKで作業を続行することは出来なくなってしまい、仕方が無いので、他のアプリケーションで別の作業をするような形になります。ただ、OUTLOOK上ではメールを書きかけの状態のまま別の作業をしたりするので、それまで考えていたことが一旦クリアされる形になり、またOUTLOOKが使えるようになったあとに作業を再開するのが、ちょっと非効率になってしまうことが多々ありました。


ある日、OUTLOOKの「ツール」→「電子メールアカウント」→「既存の電子メールアカウントの表示と変更」→「変更」とクリックしていくと、「EXCHENGEキャッシュモードを使う」という見慣れないオプションがあることに気がつきました。よく判らないまま、このモードをオンにして、OUTLOOKを再起動させてみると、妙にサクサクと動くようになりました。

ローカルのパソコン側へたくみに情報をキャッシュさせることにより、EXCHENGEサーバーとのやりとりを削減しているようです。何だか、単にOUTLOOKでメールを書くだけでも、非常に動作が軽くなったことが判るほどです。今後はこの設定をONにしたままで常用していこうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました