多摩市のアクアブルー多摩に行った

多摩市のアクアブルー多摩

アクアブルー多摩とは

今回、多摩市にあるアクアブルー多摩というところに行きました。多摩市立温水プールという位置づけですが、とても市民プールとは思えないような施設がたくさんあり、充実しています。設備は充実しているのに、利用料金はとても安いです。場所は小田急多摩線の唐木田駅から徒歩8分、南多摩尾根幹線道路沿いにあります。

アクアブルー多摩の見取り図

アクアブルー多摩の住所や営業時間、休業日について

住所と電話番号は下記の通りです。

住所: 〒206-0032 東京都多摩市南野3−15−2
電話:  042-338-7667

有料駐車場も約300台分が併設されています。

アクアブルー多摩に行くことになった経緯

今回、なぜアクアブルー多摩に行くことになったかというと、横浜市鶴見区にある「ふれーゆ」に行ったさいに、時間が足らなかくなってしまったのでランチだけを食べてプールに入ることができませんでした。

横浜鶴見「ふれーゆ」で昼ご飯を食べた

ここには立派な温水プールなどの施設があったので、このときから子どもがプールに行きたいと言い始めてしまいました。この日はプールに行く時間は無かったので、後日、出来るだけ自宅から出来るだけ近くにあるプールを探してみました。

すると、多摩市にアクアブルー多摩という多摩市立の市民プールがあることが判りました。市民プールというと夏休みだけやっているような屋外のプール施設を連想しますが、このアクアブルー多摩は完全に室内の施設でかなり立派な施設のようです。多摩清掃工場の余熱を再利用して住民サービスとして貢献することがこの施設の目的のようです。

アクアブルー多摩の施設

事前調査によれば、

・50メートルプール
・アイランドスライダー(長さ102メートル、高さ10.5メートル)
アクアブルー多摩のスライダー
・ボディスライダー(長さ44メートル、高さ5.5メートル)
・流波プール (長さ100メートル)
アクアブルー多摩の流れるプール
・リラクゼーションプール (水温約39度)
・キッズプール
・ミストサウナ(約46度)
・採暖室

などの設備があります。これだけの設備が揃っている室内プールはなかなか無いのではないでしょうか。

しかも料金がとても安いです。大人は600円、子ども(小学生・中学生)は300円、シニア(満60歳以上)は300円です。この料金で7月8月以外は一日中、そして7月8月は2時間まで遊ぶことが出来ます。これがもしも民間の施設であれば2000円以上するのではないでしょうか。

アクアブルー多摩の場所

ということで、日曜日の午前中に着くように、アクアブルー多摩まで行ってきました。場所は小田急多摩線の唐木田駅の近くになりますので、電車で行っても便利です。

今回は車で多摩ニュータウン通りを府中のあたりからずっと真っ直ぐに行き途中で唐木田駅方面へと曲がって行きました。今回もカーナビに住所(東京都多摩市南野3-15-2)を打ち込んで案内をしてもらいました。

現地に行くと駐車場の入口がすぐに判りました。立体式の駐車場になります。1階部分は満杯になってしまっていて、2階へと案内されました。2階はかなり駐車場が空いています。ここにラフェスタを停めて、アクアブルー多摩に向かいました。少し駐車場からは離れています。雨が降っているときにはぬれてしまいますので傘を持っていくと良いでしょう。

アクアブルー多摩の外観

アクアブルー多摩に入館

正面玄関から入ってみると、水着を売っているコーナーなどもあります。

水着の販売エリア

そして、プールやトレーニングルームを使用するためには、券売機でチケットを購入します。そして、このチケットを自動改札機のような機械に通すとプールエリアの中に入ることが出来ます。

更衣室で水着に着替えたあとにプールサイドまで行ってみると、かなり広かったので、まず驚きました。事前調査の段階からウオータースライダーがあることは判っていましたが、それでもかなり立派なウオータースライダーです。また、プールサイドには軽食を食べることが出来るレストランまでありました。

ウオータースライダーについては、低い方は階段を登っていってそのまま列の後ろに並べば大丈夫ですが、高い方のスライダーについてはライドが必要です。このライドは大きな浮き輪で取っ手が付いています。また、一人用と二人用が準備されています。このウオータースライダーは人気があるようで、ライドも出払っていることが多いようです。ライドが出払っているときには、ライドの置き場で待っていても良いようですが、スライダーの出口で待ち構えていても良いようです。ウオータースライダーは混雑しているときには連続して使用することは出来ませんが、混雑していないときには心ゆくまで楽しむことが出来ます。

高い方のスライダーは相当怖いかと思い、ビクビクしながら子どもと乗ってみたのですが、スピードは比較的出るものの、振り落とされるほどのスピードではなく、ちょうど良いくらいのスリルでした。

流れるプールの方はそんなに混雑していないこともあって、子どもとのんびりと遊ぶことが出来ました。プールは決められた時間に休憩時間が10分間設定されています。この時間帯は全員がプールから一回上がって休憩をします。

また、奥の方にはリラクゼーションプールというものがあります。これはプールと言うよりは、水着で入る大浴場という感じで、水温は39度ほどに設定されています。ここにはジャグジーのような設備もあって、のんびりとくつろぐことが出来ます。

事前調査でミストサウナがあることは判っていたのですが、結局はどこにあるのか見付けることが出来ずに入ることが出来ませんでした。どうも、流れるプールの向こう側、ウオータースライダーでおりるところの近くにミストサウナがあったようです。

50メートルプールについては水泳帽の着用が義務づけられています。50メートルプールで本格的に泳ぎたいときには水泳帽を忘れずに持っていくようにしてください。

子どもは大喜びでプールで遊びまくっていました。とても気に入ったようです。夏の期間は滅茶苦茶に混みそうな感じがするので、逆に夏休みを外した期間については、こちらの温水プールはとてもお薦めだと思います。

近隣の施設が充実している公営プール

ヨネッティ王禅寺というプールも施設が充実していました。こちらで紹介しています。

川崎市にあるヨネッティー王禅寺に行きました

隣接する王禅寺処理センターの余熱を有効に再利用している施設です。現在は東急スポーツオアシスが指定管理業者として運営しているようですが、やはり利用料金が安いのが特徴です。

住所 〒215-0013  神奈川県 川崎市麻生区王禅寺1321番地
電話 044-951-3636

小平市にある東部公園プールというところも屋外の施設になりますが良かったです。こちらの記事で紹介しています。

子どもと小平市のプールに行った (東部公園プール)

アクアブルー多摩の周辺の施設

アクアブルー多摩で楽しんだあと、まだ時間に余裕がありましたので、周辺に何かおもしろいところは無いかと、iPhoneの30minで調べてみると、「ぐりーんうぉーく多摩」というところがあることを知りました。同じ尾根幹線道路沿いにあるようです。こちらにもこのあと、行ってみました。このときの記事は別にレポートを書いてあります。

ぐりーんうぉーく多摩に行った

アクアブルー多摩の料金は下記の通りです。

●当日利用券
施設の種別期間利用単位利用料備考
大人子どもシニア
プール夏期
(7・8月)
2時間600円300円300円2h超で超過料金要
1時間に付き
大人300円
子ども150円
シニア150円
夏期以外の期間1回600円300円300円利用料は
一日単位
トレーニング
ルーム
通年1回300円150円
ミニスポーツ
ホール
通年1回300円150円利用単位は、
1教室単位
プール・トレーニング
併用券
通年1回720円
トレーニング・ミニスポーツホール
併用券
通年1回540円

△「子ども」とは、小・中学生、「シニア」とは60歳以上の方です。
△小学生未満は無料となります。

アクアブルー多摩の利用時間は下記の通りです。

各施設の利用可能時間は下記の通りです。

●プール利用時間
平日土曜日日曜日・祝日
3月~6月9時~21時45分(遊泳終了時間は21時30分まで)9時~19時45分(遊泳終了時間は19時30分まで)
7月・8月9時~21時45分(遊泳終了時間は21時30分まで)
7月は第2・4火曜日(H25年は7/9と7/23)、
8月は第1・4火曜日(H25年は8/6と8/27)を除く火曜日も営業しております。
9月~11月9時~21時45分(遊泳終了時間は21時30分まで)9時~19時45分(遊泳終了時間は19時30分まで)
12月~2月9時~21時45分(※1)
(遊泳終了時間は21時30分まで)
9時~21時45分
(遊泳終了時間は21時30分まで)
9時~19時45分(遊泳終了時間は19時30分まで)

 

休業日などの詳細については、こちらの公式サイトもあわせてご覧ください。

利用時間|アクアブルー多摩 -多摩市民温水プール-

 

コメント

  1. ステーキ「けん」多摩センター店に行った

     ステーキ&サラダバーの「けん」多摩センター店に行ってきました。場所は最寄り駅で言うと多摩センター駅または唐木田駅になるようです。南多摩尾根幹線道路を西方…

  2. 子どもと小平市のプールに行った (東部公園プール)

     近所に流れるプールがある市営プールがないため、ちょっと足を伸ばして小平市にある東部公園プールというところに行ってみました。場所は花小金井駅から徒歩10分…