avexがmicroSDカード入りのコンテンツを販売する

avex

 avexが音楽や映像、そして歌詞などのコンテンツをmicroSDカードに記録して、7月29日から発売することを発表しました。まずは1回目の販売では下記の2作品が販売されるそうです。

 THE REBOOT:「micro REBOOT~壱~」 : 2,500円
   → ライブ映像とミュージックビデオを収録

 m-flo : 「the tripod e.p.」 : 1,980円

 このマイクロSDカードをメディアとして選んだのは、ドコモ、au、ソフトバンクの対応携帯電話へこのマイクロSDカードを差し込むだけで音楽や映像を楽しむことが出来ることに目を付けたそうです。従って当初は携帯電話の取扱店で販売を開始するそうです。


 ただ、やっぱり位置づけ的には微妙な感じが少しします。やはり、音楽を楽しむのは現在ではiPodが定番になってしまっていて、携帯電話を使って音楽や映像コンテンツを楽しんでいる人はほとんど見ることがありません。しかも、マイクロSDカードを購入してまでして、携帯電話で音楽を聴こうと思う人がどの程度いるのかが疑問です。

 携帯電話の音楽再生機能や映像再生機能については最近の機種では非常に優秀な性能を持っています。いわば宝の持ち腐れのような感じになってしまっています。

 携帯電話のこれらの優秀な機能をもっと使って貰えるようにするためには、もっと消費者にとって魅力的なものでないと厳しい感じがします。たとえば、16GBのマイクロSDカードに何千曲ものヒット曲を入れて手が届く程度の価格で売ることが出来れば、爆発的に売れるのではないかと思います。

 今回のavexの取り組みについては、今までのレコード会社のビジネスモデルを少しでも変化させたいという気持ちの表れにほかなりません。

 1社が市場を独占するのは短期的には消費者にとってプラスになることもあるものの、ライバル会社が蹴落とされてしまい、本当に1社独占になってしまった場合には健全な発展が阻害されることが多々あります。是非、色々なことにトライしつつ、iPodに偏りすぎたオーディオ業界に少しでも風穴をあけてもらえればと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
映画・音楽
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント