ブログの再構築と検索のペナルティ

mt-movabletype

 ブログという仕組みで構築されたページは定型的な部分についてはテンプレートで指定した内容が展開されています。このテンプレートの内容を変えて再構築すると、簡単にデザインなどの変更が出来ることが、ブログなどのコンテンツマネジメントシステムの最大の特徴と言っても過言ではありません。
(WordPressなどアクセスを受けたときに動的にページを生成するようなCMSであれば再構築すら不要で簡単にデザインを変更できます。

 このブログではMovableTypeというシックスアパート社のCMSを利用し、MtVicunaというテンプレートを用いてサイト全体を構築しています。以前はページ全体が縦に3カラムになるような配置にしていましたが、本文を表示する領域の幅が狭くなりすぎたので、今では縦に2カラムのレイアウトにしています。MtVicunaではこのようなデザインの変更が簡単に出来ることが特徴です。

 また、サイドカラムのブログパーツなどの貼り付けなどは最低限になるようにしていました。ブログパーツを貼り付けていると、ちょっとゴテゴテとしてくる上にページの表示までに時間がかかってしまうことがあるためです。全部のページに表示していたのは、ブログパーツではYahoo!ログール、SEO PARTS、Track Wordの3種類です。また、広告としてはYahoo!のアドパートナーが表示されるようにしていました。(特に表示されないものとしては、グーグルやYahoo!、そしてリサーチアルチザンのアクセス解析用のタグを/bodyタグの前に埋め込んでいます)


 しかし、これらのブログパーツのうち、Yahoo!ログールとYahoo!アドパートナーについては夜間になると表示までに時間がかかることが多くなってきたため、個別エントリーアーカイブでは表示されることがないよう、テンプレートを修正しました。まずは一部のページだけを対象に再構築を実施しデザインを微調整していき、デザインが確定したところで、全ページの再構築を実施します。

 この全ページの再構築を実施した翌日あたりから異変に気がつきました。Yahoo!検索からの訪問者についてはさほど変化が無かったのですが、それ以外の来訪者の数が半減してしまったのです。検索エンジンでは日々、ページの内容をクロールして情報を集めているようですが、この中で各ページに貼られているリンクに大きな変動があると、一時的にそれらのページに対して検索結果の順位をダウンさせるペナルティを発動するようです。ごく一部のページが変わるのであれば問題ないと思うのですが、サイト全体のページのリンク構造が変わってしまうと「何事が起こったのか!」という感じになってしまうのでしょう。再構築を実施してからアクセス数に変化が出始めるまでの期間が非常に短かったので、その精度の高さには驚いてしまいました。

 何か対策を打つ必要があるのか否かが気になりましたので、ネットで情報を集めてみたのですが、数日もすれば解除されてもとの状況に戻るようです。逆にここでまた、ブログのデザインをいじったりして元に戻るように調整を始めると、かえって解除されるまでに時間がかかってしまう要因にもなるので注意が必要だという記載を見つけました。そこでこの記載を信じて、5日ほど状況を観察していると、今日からはアクセス件数がまた元の状態に戻ってきました。やはりできるだけデザインをいじらない方が良かったようです。

 ブログを運営している以上、何らかの要因で全体の再構築を実施しなければいけないことが多々あると思います。このとき、検索エンジンでペナルティがかかる可能性があることを頭の片隅に入れつつ対応をした方が良さそうです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
ブログ・WORDPRESS
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. オススメEBOOKS より:

    有料ブログビジネスモデルを実現する会員制ブログ構築システム!「Profits Blog System」

    あなたの情報を簡単迅速に現金に換えさらに定期購読によって、 継続する安定収入を確…