テレビ会議はとても便利

sony-ソニーのテレビ

 仕事をする上で拠点が複数個所に分かれているので、最近はテレビ会議を使用する機会がとても増えてきました。普段、よく接続する拠点はもしも移動すると1時間程度の時間が必要なので、テレビ会議を使用することに伴う時間の節約効果は非常に大きいです。

 昔はISDN程度の低速な回線を使用して、小さなモニタ画面を通じてカクカクとした解像度の悪い画面を何とか見るような感じだったので、テレビ会議はあまり使い物にならなくて、本当に緊急手段的に使用するようなものでしたが、現在のテレビ会議はまるで同じ会議室に遠隔地の会議室もつながっているのではないかと思うほどの感覚で会議を行うことが出来ます。

 普通のパソコン、大画面テレビ、WEBカメラとマイク、そして高速回線を組み合わせれば安価にテレビ会議を始めることは出来そうですが、やはりテレビ会議システムを使った方がより会議は効率的に進めると思います。テレビ会議ではポリコムという会社の製品と通常の大画面テレビを組み合わせて実施しています。

 ポリコムという会社はそれまであまり聞いたことがありませんでしたが、1990年に設立された世界で唯一の映像・音声・データ会議システムの総合メーカーだそうです。売り上げは2006年で7億ドル弱あるので、相当の売り上げがあるようです。こちら(http://www.vtv.co.jp/product/maker/polycom.html)にポリコム社の製品の一覧がありました。この一覧の中の見た目から判断すると私達はVSX7000sという製品を使っているようです。この一覧を見る限り定価が120万円程度するのですね。こんなに高い製品だとは思ってもみませんでした。

 テレビ会議というと相手にうまく聞こえるようにマイクに近づいて話すとか、ちょっと明瞭に話すとか何かと気遣いが必要な気もしますが、このシステムを使用している限りは特に余計な気配りは必要無さそうです。普通の会議にのぞむときと同じようにしていれば大丈夫です。相手の声も非常に明瞭に聞こえますし、こちらの声も非常に明瞭に聞こえているようです。


 この製品、とても便利で、3拠点で一緒にテレビ会議を実施することも出来ます。(製品ページを確認してみると、オプションのマルチポイントライセンスキーを追加する必要があるようです) 三拠点でテレビ会議を実施すると、とても違和感があるのではないかという気がしますが、案外、スムーズにやりとりをすることが出きるのが不思議です。トランシーバーなどを使っていると相手を見ることが出来ないので、話し出すタイミングが重なってしまうことがありますが、テレビで出席者の様子が一望できていると、話し出すタイミングを掴むのもそんなに難しくありません。やはりテレビ会議なりのメリットがあるような気がします。

 また、パソコンを接続することによって、資料などをテレビ画面上に表示することが可能です。テレビに表示した資料はテレビ会議を実施している全拠点で同時に参照することが出来ます。これによりペーパーレス会議も同時に実現できてしまいます。

 レビューなど綿密に内容を精査して赤ペンで仔細にコメントを書き込む用途には向かないと思いますが、上位会議体の情報共有をして、あとから共有サーバーなどで文書ファイルを共有するといった使い方であれば十分に使うことが出来ます。(もう少し技術が進歩すれば、レビューなどをしながら文書にコメントを朱書きするような用途にも使えそうな気がします)

 このポリコムのテレビ会議システムが少し面白いのは、議論が紛糾しているときに、こちらのマイクのスイッチを切って、こちらの拠点としての意見をサッとまとめてから、またマイクのスイッチを入れてテレビ会議に参加するということが簡単に出来ます。どうしても一堂にかいしている会議では近場の人ともヒソヒソ話をすることは難しいですが、テレビ会議ではそれが簡単に出来てしまうところが便利だと思います。マイクは三角形のピラミッドみたいな形をしているのですが、その頂点にあるボタンを押すだけで簡単にマイクをMUTEしたりONにしたりすることが出来ます。

 これもまたよく使う機能なのですが、相手のカメラのアングルやズームをこちらにあるリモコンで簡単に調節することが出来ます。あちらの拠点の会議室の全景を見ることも出来ますし、対策をしなければいけないキーマンがいれば、その人をズームで映しておくことも出来ます。これも普通の会議ではあまり出来ない仕組みです。

 今後、環境を守るためにCO2排出量の抑制などをしていかなければいけませんが、このテレビ会議システムを使うことによって人の移動を無くすことができますし、またペーパーレス会議を推進する道具としても活用することが出来ます。単純に人の時間が有効に使えること以外に、環境負荷を低減する上でも大きな効果があることから考えると、今後ますますテレビ会議システムは普及していくのではないかと思います。

コメント