多摩市のクロスガーデン多摩で買い物

旅行・ドライブ

クロスガーデン多摩

多摩センター駅の近くにあるクロスガーデン多摩というところに行ってきました。多摩センター駅から見ると旧ペンタくん多摩センター店の裏側に当たるため、あまり目立たない配置になっています。この敷地は20年ほど前にはクルマを駐車してそのまま映画を見ることが出来る施設があったそうです。

先日購入したJM-43Aというカーナビに「クロスガーデン多摩」と名称検索をしてみると見事にヒット、そして案内されるままに走っていくと駐車場の入口の前まで連れて行ってくれました。


入口から駐車場へと続く道を走っていくと、歩行者が通る横断歩道が3箇所にありました。普通、歩行者と自動車は分離するように設計すると思うのですが、何だか不思議なつくりです。この横断歩道にはガードマンが配置されていてクルマと歩行者の誘導を実施していました。この辺(b4log : 車道と歩道がクロスする(駄目じゃん)! クロスガーデン多摩OPEN!)を見てみると、やはり評判は悪いようです。

駐車場に入ってみると、どこもクルマでいっぱいだったのですが、1台ちょうど出たクルマがいたので、そこに停めさせてもらいました。ここの駐車場は7月までは有料(条件を満たすと2時間まで無料)だったのですが、8月からは完全無料開放されました。お客さんを少しでも呼び込むための対策ではないかと思います。そんなこんなで、駐車場は満杯になってしまっています。ここにクルマを停めている人のうち、どの程度の人が実際にクロスガーデン多摩を利用しているのかは気になるところです。クロスガーデン多摩で買い物をしたときの無料駐車条件を緩和した方が良かったのではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

駐車中にクルマを停めたあと店内に入るための場所がなかなか見付けられなかったのですが、中央付近に明るいところがあるのを発見、そこに行ってみると下に降りていくための階段と上りエスカレータがありました。階段を下りていくと、そこは3階になります。3階は比較的規模の小さな専門店がたくさん並んでいます。

まず目に付いたのは、小さな子ども向けのアミューズメントスペースの「スマイルキッズ」です。こちらでは色々な乗り物などが準備されていてたくさんの子どもで賑わっていました。

また、巨大ジャングルジムやトランポリン、ゲームなどの施設を完備したKid’s US.LANDというところも隣接しています。15分あたり105円で遊び放題なのだそうです。

クロスガーデン多摩の子どもの遊び場

あとは、ショッピングセンターなどで見ることが多くなってきた「一丁目一番地」という駄菓子屋さんもありました。少し大きめの店舗で昔懐かしい駄菓子がたくさん並んでいます。

ほかにもファッション関係のお店や靴屋などが並んでいました。三日月百子という、アクセサリー・服飾雑貨・インテリア・文具・キッチン・キャラクター商品などを熱かった300円均一ショップもあります。

クロスガーデン多摩のファッション関係のお店

また、テラスに面した方にはいくつかのご飯屋さんもあります。たとえば、「キッチン セブン 街のハンバーグ屋さん」では500円弱からという手軽な値段でハンバーグのランチプレートが食べられるようでした。このハンバーグ屋さんは全般的に値段が安いように思います。

下記のような値段の構成になっていました。

デミたまハンバーグ定食 160g 490円
和風おろしハンバーグ定食 160g 550円
ハンバーグ&チキンカツ定食 580円

こちら(街のハンバーグ屋さん – bの部屋)で詳しく紹介されています。今度、機会があったら、このお店のハンバーグを食べてみたいと思います。

ほかに、セルフ方式の讃岐うどん、大和製麺所や、四軒茶屋という和食、カレー、中国料理、韓国料理の4店舗が揃ったフードコート、本格インド料理を楽しむことが出来る「アンクルインドレストラン」などがありました。アングルインドレストランではバイキング形式で食べ放題も実施しているようです。

食事処が並んでいるところ

たくさんお店がある反面、お店が撤退してしまった空きスペースもありました。

クロスガーデン多摩の空き店舗

2階にはヤマダ電機、ニトリといったお馴染みのお店が中核店舗として入っています。どちらも単独店と比較すると規模が小さいですが、それなりに商品は揃っているように思いました。ニトリは雑貨中心で家具類はほとんどありません。

ニトリの店内

このニトリでクーラーボックスが安売りされていたので購入しました。ニトリのオリジナル商品なのでしょうか。シンプルな構造になっていて、容量は30リットルの商品が1800円で販売されていました。これから、ラフェスタの中に入れておくのに便利そうです。

ニトリのクーラーボックス

ほかには、手芸専門店の「クラフトハートトーカイ」、ブルーシールアイスクリームが食べられる「BLUE SEAL CAFE(ブルーシールカフェ)」、中国北京料理を食べることが出来る「北京料理 方庄」、すき家、寝具の専門店「スリーピングファクトリー」、喫茶店の「モリバコーヒー」、メガネスーパーなどがあります。

そして一階は、「100円ショップ ミーツ多摩店」、「QBハウス」、「マクドナルド 多摩クロスガーデン店」、ダイエーの食品スーパー「foodium 多摩センター」があります。100円ショップのとなりには大きな店舗が撤退した後らしく、ガランとした部屋がありました。

空き店舗

100円ショップは場所があまり良くないためか、あまり人が入っていません。ちょっと心配な感じでした。

多摩センター近辺は色々とお店も充実しているので、クロスガーデン多摩が生き残っていくのは大変なことなのではないかと思います。空いているエリアに有力な店舗を誘致してお客さんの流れをうまく作らないと、この施設は危ないような気がします。

【2019/08/12追記】

駐車場の料金体系が変わってしまい、最初の一時間は無料、4階と屋上の駐車場は買い物金額に応じた無料サービス実施という形になりました。一階は最初の一時間無料のサービスのみです。

建物の三階に行くと閉店したショップが目立ち、厳しい経営状況であることをうかがわせます。

【2020/09/01追記】

namcoクロスガーデン多摩店が閉店

クロスガーデン多摩は少し駅から遠いところにあるせいか、お店の入れ替えがかなり行われています。昨年2019年4月にはナムコクロスガーデン多摩店に併設されていた「あそびパーク」の営業を終了して規模を縮小しながら続けてきましたが、2020年8月30日をもって完全閉店することになってしまいました。

コメント