長時間ドライブの子どものお供は「ポータブルDVDプレーヤー」

自動車・カー用品・メンテナンス

zox-ポータブルdvd

 長時間ドライブはどうしても子どもが飽きてしまって、そのうち、ぐずり始めてしまいます。今回、東京から盛岡まで約8時間ものドライブに小学生の子どもをつきあわさなければいけなかったので、DVDプレーヤーと子ども向けのDVDソフトをそろえてみました。

 まず、子供用に準備したDVDプレーヤーは7インチの液晶画面を持つポータブル型のDVDプレーヤーです。

 以前はポータブルDVDプレーヤーは数万円出さなければ購入できなかったこともありましたが、最近は輸入品のポータブルDVDプレーヤーも増えてきて、かなり安くなってきました。私が購入した商品は楽天市場の中でも相当安い部類の商品で、値段は送料込みで6000円以下というものでした。


 しかし、そのお店から送られてきた商品は頼んだときの商品と別の商品が送られてきました。ZOXという会社のDS-PP230という商品です。この商品、ほかのお店では6000円以下で購入できるお店は無さそうなので、これで良しとします。しかし、なんでお店側は、別の商品をあえて送ってきたのか何となく不思議な感じがします。

 それでも、きちんとACアダプターやクルマのシガーソケットに接続するための接続ケーブルなどが付属してきます。また、USB接続端子が付いていて、USBメモリに入れたMPEG4動画も再生出来るというものでした。

 iTunesで再生できるMPEG4動画を試しにUSBメモリに入れてこのポータブルDVDプレーヤーのUSB端子に接続してみました。うまく、USBメモリを読んで、この動画ファイルにアクセスすることは出来るのですが、エンコードが出来ないようで再生はできませんでした。

 色々と情報を探してみると、MS-MPEG4にしか、エンコードは対応していないようです。MS-MPEG4形式でのエンコードをどのよにすれば出来るのか事態がよく判らないので、今回はDVDソフトをたくさん持ってクルマに乗り込むことにします。

 今回選んだ作品は全部で24作品、名探偵コナン、ドラえもん、ジブリ作品(となりのトトロ、魔女の宅急便、平成狸合戦ぽんぽこ、・・)、あたしんち、などなどです。市販のDVDソフトとテレビ放送をDVDレコーダーで録画した物を組み合わせて持っていきました。

 ポータブルDVDプレーヤー自体の使い方は、子どもがすぐに理解して、勝手に自分でソフトを選んで車中ではDVD鑑賞を楽しんでいました。映画を1作品見ると、眠くなってしまったみたいで、そのまま寝て、サービスエリアで休憩すると言うと起きてきて、そしてまた映画を1本見るという感じで楽しんでいたようです。

 長距離ドライブのドライブのときにポータブルDVDプレーヤーを準備しておくというのは、なかなか良さそうです。今度はまたテレビで子ども向けアニメなどを録画しておいて、子どもに見せることが出来るようにしておきたいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント