【閉館】東京ガスの環境エネルギー館に行った

旅行・ドライブ

東京ガスの環境エネルギー館

 東京電力の横浜火力発電所(トゥイニー・ヨコハマ)に行ったあと、まだ時間に余裕があったので、東京ガスの環境エネルギー館にも行ってみました。トィニーヨコハマと比較すると、こちらは人気があるみたいで、駐車場にはたくさんの車が停まっていました。

 車を停めたあと玄関に向かう道すがら、庭には黒い物体で出来たへんてこりんな像があります。正体については受付に行くと判ると書かれていました。

石炭の像
建物のエレベーター


 入口へとまわると、そこにはアルコールの消毒液が準備されていました。新型インフルエンザ対策です。1階のフロアーにはロビーや受付以外には特に施設がないようなので、とりあえず一番上の階まで行ってみることにしました。6階まで上がることが出来ますが、こちらは屋内の休憩室、そして屋外のビオトープがある庭園があります。このビオトープのある庭園はなかなかよく出来ていて、このエリアを歩いていると、何だかビルの屋上にいることを忘れさせてしまうような雰囲気です。

屋上のビオトープ

 休憩室は非常に眺めの良い部屋で、広い部屋でした。ここでは特にお弁当などの販売は無いようで、家族連れの様子を見ていると持ち込んできているようでした。

 5階はワークショップルームということで、何らかのイベントがあるときに開放されるようです。今回はこちらの部屋は使われていませんでした。

 そして、4階は展示室になります。こちらが全フロアーの中で設備がもっとも充実しているフロアーになります。

 たとえば、下の写真の装置は自動車の運転のシミュレーターになります。きちんと、アクセル、ブレーキ、ハンドルがあって、スタートからゴールまでを走ることが出来ます。ゴールまでの時間とエコな運転が出来たか否かによって勝敗が決まります。

自動車運転のシミュレーター
4階フロアーにあるアトラクション
4階フロアーの地図

 この4階のフロアーには本当にたくさんの子どもが遊んでいます。以前、同じ東京ガスで運営している豊洲の「がすてなーに」と雰囲気は似ているような感じがします。

 ★東京ガスのガスの科学館「がすてなーに」に行った

 3階はスタッフルーム、そして2階には環境情報センターという名前の図書館がありました。

【2016/12/31追記】

東京ガス環境エネルギー館は閉館しました。

東京ガス : プレスリリース / 「環境エネルギー館」の閉館について「ガスの科学館」を中核的な「エネルギー・環境教育施設」に進化
東京ガスのプレスリリースのご紹介です。広報発表やイベント開催のお知らせをご覧いただけます。
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント