松川温泉の松楓荘に行ってきました

旅行・ドライブ

松川温泉の松楓荘

岩手までドライブで行った日、まだ時間に余裕があったので、松川温泉というところまで行ってきました。東北自動車道の松尾八幡平IC から車で25分くらいのところにあります。途中までは広い道ですが、途中から山道になります。

この松川温泉ですが松川沿いにある山あいのいで湯です。松川温泉には4件の宿があるようですが、その中で最も古くからある松楓荘に行ってきました。この松川温泉の発見は今から250年ほど前までさかのぼるという歴史のある温泉です。

泉質は「硫黄泉」ということで、松楓荘の前の駐車場似ラフェスタを停めた瞬間から硫黄の臭いが漂ってきました。駐車場は砂利がひいてあって広めの駐車場です。すでに車が数台停まっていました。駐車場側から建物を見ると下の写真のような感じになります。

松川温泉の全景

泉温は63.5度ということですので、かなり熱い温泉が出ています。玄関から入ってすぐ右側に受付があります。こちらで日帰り入浴である旨を伝えて料金を払います。大人500円、子供250円です。


松楓荘に着いたのは午後4時30分ごろだったのですが、17時から19時までは岩風呂が女性専用タイムになってしまうということだったので、急いで岩風呂に向かいました。岩風呂は建物の中の廊下をどんどん進んでいき、半分くらいのところを左手に曲がり、松川の上にかかっている橋を渡ったところにあります。

吊り橋

橋をわたると、今度は岩風呂に向けては階段を下りていく形になります。

岩風呂におりていく階段

岩風呂は天然の岩をくりぬいて作られています。そして、その天然の岩風呂の中にお湯がたっぷりと入っています。脱衣所は岩風呂のすぐ横に籠が置いてありますので、そこに脱いだ服を入れるだけです。岩風呂にはすでにお父さんと子供の親子連れが来ていました。浴槽は比較的広いで、私たちが入っても大丈夫そうです。

貴重品は内風呂のほうにコインロッカーがあって、そちらに入れておくのが安心ですが、こちらの岩風呂まで貴重品を持ってきてしまったときには、置いた場所に常に注意をはっらておく形になります。湯船から脱衣所はそのまま丸見えです。女性専用の時間帯以外はこの岩風呂は男女混浴となりますが、このお風呂のつくりだと、混浴の時間帯に女性が入るのは厳しいのではないかと思いました。

温泉のお風呂は乳白色といえば良いでしょうか。水中に硫黄の成分が漂っているようで、なんだかとても臭いがきついです。

岩風呂の奥の方はこんな感じになっています。

岩風呂の中

こちらが岩風呂のお湯のアップ写真です。

岩風呂のお湯をアップで

お湯は熱めですが入る場所によってはちょうど良い温度の場所もありますので、うまく場所を移動しつつ適温の場所を探しました。ゆったりと入っていると、まもなく女性専用タイムの5時になってしまいます。急いで、服を着て、今度は内風呂のほうに向かいました。橋から松楓荘の裏側を写真で撮るとこんな感じになります。

松楓荘を裏側から

橋の上から見た松川の流れは下の写真のような形になってます。

松川の流れ

続いて内湯です。男湯と女湯が分かれています。コインロッカーがありますので、そこに貴重品を預けます。100円がかかりますので手元に準備しておきます。返却式ではありませんので、この100円は返ってきません。脱衣所には籠が置いてありますので、そちらで服をぬぎ、お風呂場へと向かいます。すでに、先客が5名ほどお風呂に入っていました。

内湯はカランが3箇所あります。シャンプーなどは常備されていました。カランには水道の蛇口はありません。横にある木をくりぬいたところから、手桶でお湯をとって身体にかけるという仕組みになっています。なんだかとても味があります。

こちらも全体的にお湯の温度は熱めですが、場所によっては適温に感じる場所があります。そこでまた、のんびりとお湯につかりました。こちらも硫黄の臭いがとてもきつかったです。東京ではこんなに硫黄のにおいがする温泉には入ることができませんので、とっても貴重な感じがしました。

お風呂からあがった後、玄関のところにある休憩コーナーで休んでいると、受付のところにゆで卵が置いてあるのに気がつきました。温泉で茹でた玉子だそうです。箱根の大涌谷では黒玉子という温泉玉子が置いてありますが、こちらの温泉玉子は普通の玉子の色をしています。1つ50円ということでしたので、10個購入して、うち1つを食べてみました。なんだか温泉の味が確かにしみこんでいて、とてもマイルドな味わいになっています。

温泉ゆで卵

この温泉ゆで卵には病み付きになっていました。

最近では首都圏の立ち寄り温泉ばかりに行っていましたが、やはりこういう山間の温泉はまったく雰囲気が違ってのんびりとできます。特に松川温泉についてはお湯もすばらしいものでしたので、とってもくつろぐことができました。ぜひ今度は宿泊で来てみたいと思います。

松川温泉の公式サイトはこちら(松楓荘 松川温泉)です。

コメント