マイクロソフトのBasic Optical Mouseは実用性十分

コンピューター

Basic Optical Mouse

 ノートパソコン(THINKPAD R61e)を普段使用しています。私はTHINKPADのトラックポイントがポインティングデバイスとして気に入っているのですが、ブログの更新などのためにノートパソコンと向き合っている時間が比較的長く、あまり長時間使っていると、人差し指の先が少し痛くなってきました。このまま使用し続けると何か悪い影響でも出るのではないかという気がしてきましたので、マウスを購入することにしました。

 楽天市場でマウスの売れ筋ランキングを確認してみました。下記のページで売り上げランキングベスト30位まで確認することが出来ます。

 ★【楽天市場】光学式マウス | 週間売れ筋人気ランキング(1位~30位) – ランキング市場

 ここを見ていると、ワイヤレス方式のマウスに人気があるようです。ノートパソコンでワイヤレスマウスを使用するのもちょっと使いづらそうな感じがしたので、お手頃な普通の光学式マウスを探してみることにしました。

 そんな中で見つけたのが今回紹介する、MICROSOFTのベーシックオプティカルマウスです。


 秋葉原などに行くとOEM用のマイクロソフトのマウスが激安で販売されていることがありますが、この中には時には偽物があったりしますので注意が必要です。今回楽天市場で見つけた、ベーシックオプティカルマウスは、パッケージ品だったので、偽物の心配は極端に少ないのではないかと思います。

 しかし値段はとても安くて驚いてしまいました。パッケージ品にも関わらず、私が購入した時点では値段は送料込みで1330円でした。

 この商品が届いたのでさっそく使ってみました。マイクロソフトのマウスは重い印象があるのですが、このマウスは比較的軽いです。安定感はあまり無いような感じですが、光学式マウスであればボール式のマウスと違って底面の密着感を求める必要は無いので、この程度の軽さで良いのかもしれません。マウスを操作していても特に手が疲れることはありませんので、ちょうど良い感じです。

 左クリックおよび右クリックについては適度なクリック感もあり、こちらも使いやすいと思います。マウスは単にUSB端子に差し込むだけで標準のドライバで使えるようになりますが、より使いやすくするためには、下記のマイクロソフトの公式サイトより専用のドライバをダウンロードしてインストールした方が良いでしょう。

 ★Microsoft Hardware – ダウンロード – ソフトウェアのダウンロード

 ドライバによりマウスの機能をデフォルトの状態よりもずっと拡大することが出来るようになります。非常にシンプルなマウスではありますが、手放せない存在になりそうです。お勧めします。

コメント