ペンギンビレッジの本店に行きました

ペンギンビレッジの本店

最近またアクアリウムショップをいろいろまわっていますが、今回はペンギンビレッジの本店に行ってきました。富士街道を西東京市から石神井公園の方へと走っていたところの左側にあります。駐車場もお店の裏手に30台くらい停めることが出来ます。クルマで行っても安心です。ペンギンビレッジはこの本店以外に有楽町にも支店があります。

ペンギンビレッジというのは何となく不思議な名前のお店です。昔はペンギン村というお店だったようです。お店の名前の印象からは、そんなにたいしたアクアリウムショップではないのではないか?と感じてしまいますが、全くそんなことはありません。どこのお店にも負けないほどのたくさんんお水草インテリア水槽が陳列されています。これだけたくさんのレイアウト水槽をメンテナンスするのは大変なことだと思います。


また、売られている熱帯魚はとても状態良く売られています。これは、輸入されてきた熱帯魚をきちんとトリートメントして十分に元気にしてからお店で売っているそうです。店頭に売りに出す前に10日から4週間にわたってトリートメントしているというのは素晴らしいことだと思います。

また、アクアリウムショップで熱帯魚を売るときには普通は何も入っていない、または砂利だけが入れられている無粋な状況で、濾過だけされているガラス水槽にたくさんの熱帯魚が入れられて売られていることが通常です。しかし、こちらのペンギンビレッジでは水草レイアウト水槽の中で熱帯魚が売られています。実際に水草水槽の中で泳がせるとどんな感じになるのかをイメージできるところが良いです。

全体的に値段は定価に近い価格で販売されていて高めなのですが、なかなか他のお店では扱っていないようなブランドの商品も売っていますので、とても貴重なお店だと思います。最近では通販では購入出来なくなってしまったアクアデザインアマノの商品もこちらのお店では入手することが出来ます。

1階は水草、熱帯魚、アクアリウム用品、2階は海水魚やメタルハライドランプが売られています。ほとんどのエリアが吹き抜けの構造になっていますので、二階の床面積は1階よりも狭いです。海水魚も綺麗にレイアウトされていて、こんな水槽が居間にあったら良いなと憧れてしまいます。ただ、海水魚は水草水槽よりも温度管理や水替えが難しそうですので、今はまだまだ我慢です。

店内はインテリアショップという感じの雰囲気で、とてもお洒落な感じです。子ども連れで行くというよりは、どちらかというと、デートで行った方が似合っています。

帰るときに気がついたのですが、正面の玄関は使わないようになってしまったようです。お店に向かって左側にある出入り口からお店の中へ入るようになっていました。レイアウトの変更による影響のためでしょうか。ちょっとしゃれた感じの格好が良い玄関だったので何となく勿体ない感じがします。

 

ペンギンビレッジ、世界の熱帯魚、金魚、メダカ、水草、水中葉、海水魚、サンゴ、アクアリウム用品、水槽の設計・施工
世界の熱帯魚・水草・海水魚・器具が充実のアクアリウム専門店「ペンギンビレッジ」の情報サイト. トリートメント済みの熱帯魚、水草はアクア水中葉、海水魚もトリートメント エコシステム水槽、水槽の設計・施工・オリジナル水槽作成

コメント