総武線と東西線の直通電車

電車の運転席

総武線の各駅停車の電車は千葉から三鷹まで運転しています。一方で地下鉄東西線の電車は西船橋から三鷹までの直通電車を運転しています。

東西線は中野駅から総武線の各駅停車と同じ線路上を走る形になります。この中野と三鷹の間は両方の電車が三鷹まで行くことになると過密になってしまうので、中野行きの電車と三鷹行きの電車がほぼ交互に来るようなダイヤが組まれています。

Photo by kanegen

残念なことは三鷹まで行きたいときに中野行きの電車が来てしまうと、中野駅で待ちぼうけになってしまうことがある点です。東西線のホームと総武線のホームが別になっているので、乗り換えようと走っても間に合わないことがほとんどです。

Photo by shibainu

中野行きと三鷹行きが交互になってしまうことは仕方がないと思っているのですが、中野駅で同じホームで総武線の中野行きから東西線の三鷹行きに乗り換えられるようにならないものかとよく思います。ちょうど、お茶の水駅で総武線と中央線ののりかえが便利なように工夫されていますか、あんな形になればベストです。

線路の配線を直したりしなければいけないので大変な工事になってしまいそうなので、やはり実現は難しいでしょうか?

【2019/07/18追記】

中野駅から東西線が地下に潜っていく入り口部分にある転轍機のあたりから、かなりの量の白煙が上がっていました。

その横を戸惑うこともなく東西線の電車が普通に走っていくので、特にトラブルということではないのでしょう。

火でも出るのではないか?と少々、怖い光景ではありました。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント