自動車用のワンセグチューナー(DTW600)を注文

dtw600

 カーナビはサンヨーのゴリラを使っていて、オプションのフィルムアンテナもフロントガラスに貼りつけていますので、感度も十分なのですが、どうしてもリアシートに子どもが座ったときには、カーナビの画面を見にくいので、前にのり出すようにしてテレビの画面を見ています。また、カーナビの画面に切り替えるとテレビが見られなくなってしまいますので、リアシート用にテレビを増設することにしました。

 ワンセグチューナーが付いたカーテレビを買っても良かったのですが、後々、さらにモニターを増設したくなったりしても対応できるように、外付けのチューナーにモニターを付けることにしました。チューナーはフルセグが受信できる高級なものもありますが、そんなに大きなサイズのモニターを付ける訳でもありませんし、フロントガラスに二枚とか四枚のアンテナを付けるのもごちゃごちゃとしそうでしたので、今回はワンセグチューナーを購入することにします。


 ネットで情報を集めたり、楽天市場で売り上げランキングを調べて行く中でコムテックのDTW600という商品が浮上してきました。値段が手頃で受信感度が高く、系列局をサーチする機能まで付属しているようです。

 長距離をドライブするときに、ある放送局のエリアを外れてしまったときに、同じ番組を放送しているであろう系列局を自動的に探して受信してくれる機能です。

 楽天市場で9000円弱で売っているお店がありましたので、そちらで商品を購入したところ、三日ほどで商品が届きました。本体が非常にコンパクトで設置場所を見つけるのに苦労しない上、リモコンの形状も使いやすそうです。電源はヒューズボックスから外出ししたシガーソケットに空きがありましたので、そちらにさして、本体は運転席の下に設置しました。

 商品にはマジックテーブルが付いてきますので、これの片方側を本体の裏面に貼りつけると、シート下にあるカーペットにピタッとくっついてくれました。配線はマットの下などに隠して、とりあえずは設置完了です。

 別のお店で購入したヘッドレストに取り付けるためのリアシート用モニターテレビがまだ届いていませんでしたので、手持ちのポータブルDVDプレーヤーに接続して写り具合のチェックをして見ました。問題なく電源が入って放送局のスキャンも終わり、テレビ放送が受信できることが確認できました。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
自動車・カー用品・メンテナンス
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. BlogPetのこうさぎくん より:

    受信ってなに?