日産ラフェスタのスピーカー交換で失敗です

自動車・カー用品・メンテナンス

TS-J1710A

 日産ラフェスタのスピーカーを交換しようと、楽天市場でパイオニアのスピーカー、TS-J1710A、そしてインナーバッフルUD-K512を購入しました。これらの商品が3日ほどして届きましたので、週末にさっそく交換作業にトライしてみました。

 日産ラフェスタのフロントドアの内張をまず剥がして、中のスピーカーが見える状態にしなければいけません。内張を剥がすためには、内張剥がし(リムーバー)があると便利ですので近所のスーパーオートバックスに行って、エーモンのリムーバーを購入しておきました。


エーモン 1497リムーバー(3本セット)

 ラフェスタの内張を剥がすためには、まずは肘掛けのところにある丸い蓋をグイと外して、トルクスネジを外します。そして、取っ手のプラスチックパネルをリムーバーで剥がして、続いて内張をベリベリと剥がしていきます。上の窓が格納される部分にぶら下がるような感じになっていますので、最後に上に持ち上げるようにすると、内張を外すことが出来ます。


 すると、フロントドアに付いている標準のスピーカーが見えてきます。ちなみに取り外したあとの標準のスピーカーの写真を撮っておきました。

ラフェスタの標準スピーカー

 かなりコストは削っている感じはありますが、裏側を見ると、そこにはパナソニック製であることが判る表示がありました。

日産ラフェスタの標準スピーカーの裏側

 そして、今回のスピーカー交換の失敗につながった原因は、こちらのスピーカーケーブルを差し込む部分の形状にあります。スピーカー側が下の写真のようなメスのアダプターになっていなければいけません。

スピーカーケーブル差し込み口の形状

 今回購入したTS-J1710Aには何種類かのスピーカーケーブル変換コードが付いているのですが、残念ながらこの形状にあるアダプターは付いていませんでした。もちろん、車体側から伸びているケーブルを途中でブチッと切ってしまってケーブルを直に配線すれば良いのですが、ちょっとそこまで傷物にしてしまうのは少々気が引けます。そこでネットでいろいろ情報を調べてみると、UD-K107とという商品を購入すると、この変換アダプターが含まれているようです。

 その足で、近所のイエローハットやオートバックスをまわっていましたが残念ながらUD-K107は扱っていませんでした。そこでこの日はこれ以上の改造をあきらめて、内張をつけ直して、また別にスピーカーの取り付けをすることにしました。

 そこで、別に楽天市場でUD-K107を注文しました。ゼンリンが楽天市場にお店を出しているのですが、こちらで商品を注文です。


carrozzeria パイオニア カロッツェリア キット UD-K107

 こちらのお店からは4日ほどで商品が届きました。これを受けて次の週末にスピーカーの交換工事を実施します。

【2014年8月10日追記】

再度、対応したところ今度は成功しました。こちらに記事を整理してあります。

日産ラフェスタのスピーカー交換、今度は成功

すでに交換してから時間が経過しましたが、特にボーカルの艶やかな感じは良くなったと思います。別にデッドニングも実施しましたが、スピーカー交換による効果は大きかったと思います。

Related posts

コメント