ガソリン代が安くなってきました

ガソリンスタンド

今日、青梅から八王子へ抜ける滝山街道を走っているときに、セルフのガソリンスタンド(ENEOS)があったので、給油のために立ち寄りました。一般価格はレギュラーが1リットル135円、会員価格131円という表示です。

ガソリン価格

実際にENEOSカードの情報を入れているVISA TOUCHで会計をしたところ、1リットル130円という表示になりました。ENEOSカードでは代金の請求時にさらに1リットルあたり2円引きになりますので、1リットル128円でガソリンを入れられたことになります。



 一時期は140円を超えそうな勢いでしたので、短期間の間に、ずいぶんガソリンの価格が安くなってきたことを感じています。

【20110811追記】

3月の震災以降はガソリンの価格は高くなってしまいました。現在では、1リットルあたり145円から150円程度が相場になっているような気がします。ガソリンスタンドで給油をすると、安かった時期と比較すると明らかに総額が上がったことが身にしみて感じます。120円程度で安定してくれると良いのですがしばらくは難しいでしょうか。


大きな地図で見る
【2017/08/15追記】

最近もガソリンの価格は安く遷移しています。だいたい、1リットル120円から125円の間くらいです。よくよく考えて見ると、1リットルのミネラルウオーターですら、同じ程度の値段はします。一方でガソリンの価格には半分くらいは税金が含まれているので、ガソリンは水よりも安いということになります。

ガソリンの消費は地球温暖化など環境破壊の引き金にもなってしまいますので、ガソリンが安すぎることも問題なのかもしれません。欧州では電気自動車にシフトすることを発表しています。日本ではどんな環境政策をとっていくのか気になるところです。

コメント