2TBの大容量ハードディスクが1万円を割りました

ハードディスクHDD

 最近また、3.5インチHDDの大容量・低価格化に拍車がかかってきたような感じがします。1TBのハードディスクが安価に出回るようになったころに一旦は低価格化に歯止めがかかったようにも見えていたのですが、その後、1.5TBのハードディスクが登場してじわりと浸透してきた後に2TBのハードディスクが出てきて、最近では特売で1万円割れの価格帯が出てきたようです。

 この2TBのディスクについても1プラッタあたり667GBの製品が大量に出回るようになってきて、販売価格を押し下げる傾向にあります。1プラッタあたりの容量が大きくなって製造コストも十分に下がってきたのが、低価格化の背景にあるのでしょう。

 先週末(12日/13日)の秋葉原では2TBのハードディスクは最も安いお店で8980円、それ以外のお店でも1万円以下で売っているお店が多かったようです。自宅のタワー型パソコンに入っているハードディスクは500GBの製品を未だに使っています。そろそろ容量的にも怪しくなってきましたので、これを機に2TBの商品の購入を考えてみたいと思います。

 楽天市場で商品を探してみると、1万円をわずかに超えた価格で2.0TBのハードディスクが販売されていました。

WesternDigital 3.5インチ内蔵HDD 2.0TB WD20EARS (JAN4988755734…

 私が見た時点では送料も無料の表示になっていましたので、この辺の商品が良いかなと思っています。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
コンピューター
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント