トルネ(torne)のアップデート

トルネ

 プレイステーション3に接続するだけで、プレイステーション3がHDDレコーダーに早がわりするという優れもののtorneですが、6月29日に大幅に機能が追加されたファームウエア、Ver2.00が配信開始されます。機能追加項目は以下のとおりです。公式サイトの案内から抜粋しました。

(1)録画モードに「3倍モード」を追加

録画モードに、「DRモード」に比べ約3倍長く高画質で録画できる「3倍モード」が追加されます。

(2)「追いかけ再生」に対応

録画中のテレビ番組を再生できるようになります。
追いかけ再生中も早送りや早見再生、シーンサーチなどの機能を使用することができます。

(3)「トルミル情報」表示機能の強化

オンライン接続してテレビ番組をリアルタイムで見ているtorne(トルネ)™ユーザーの状況(ミル数)が「TV(テレビ)」メニュー画面上に表示されるようになります。


(4)サムネイル登録機能を追加

好きなタイミングの映像をビデオのサムネイルとして登録できるようになります。
登録したサムネイルは「VIDEO(ビデオ)」画面やトップメニューの背景に反映されます。

(5)オンラインマニュアル機能を追加

(6)「CONTROLS(ソウサホウホウ)」画面で、オンラインマニュアルが確認できるようになります。

(7)番組表情報の取得率を表示

トップメニューで「GUIDE(バングミヒョウ)」にカーソルを合わせると、番組表情報(EPG情報)の取得率が確認できるようになります。

(8)録画通知メッセージに番組名を表示

予約録画開始時に表示される通知メッセージに、番組名が表示されるようになります。

(9)番組表のデザインを一部変更

「GUIDE(バングミヒョウ)」を7ch表示にしたとき、表示される時間の範囲が5時間から9時間に拡大されます。

(10)ページ単位移動操作を追加

「VIDEO(ビデオ)」「SCHEDULE(ヨヤクカクニン)」「SEARCH(バングミケンサク)」の各画面で、左スティックでのページ単位移動ができるようになります。

(11)BDリモートコントローラでの操作追加

青ボタン/赤ボタンで「GUIDE(バングミヒョウ)」の「1日単位で移動」ができるようになります。また、各画面のリストでページ単位移動もできるようになります。
BDリモートコントローラで登録されていないチャンネル番号にダイレクト選局したとき、自動的に消えるポップアップメッセージでチャンネルが登録されていない旨を通知する形に変更します。

(12)PlayStation®Networkサインインダイアログの表示

トルミル情報表示の設定を有効にしている場合で、torne(トルネ)™起動時にサインインしていない場合は、サインインを促すダイアログが表示されるようになります。

(13)繰り返し録画エラー通知方法変更

同じ録画予約で繰り返し録画のエラーが複数回発生していた場合は、一番最近の1回分のみ通知される形に変更されます。また、発生している録画エラーを一括削除する機能が追加されます。

(14)一時停止アイコンの表示時間変更

ビデオ再生を一時停止した場合、一時停止を示す操作アイコンが一定時間で非表示になるようになります。

(15)ビデオの番組情報表示調整

ビデオの番組情報に、実際のファイルサイズが表示されるようになりました。

 先日、iPhoneでファームウエアのアップデートが行われて多くの機能追加が実施されたばかりではありますが、今度はtorneでもこれだけのアップデートが実施されて、無料で機能が追加される時代というのはとても良いものだと感激してしまいます。昔の家電製品ではこんなことはありえませんでしたが、やはりこれはデジタル家電の恩恵でしょうか。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スマホ・タブレット・AV
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント