NTTドコモがSIMロックの解除へ

シェアする

NTTドコモ

 NTTドコモが携帯電話の本体を特定の通信会社でしか使えないように制限するための「SIMロック」を解除する方針を固めたと日本経済新聞が報じました。

 来年(2011年)の4月以降に発売する端末には原則としてSIMロックを解除するための機能を実装する方向で検討をしているようです。

 もしも、NTTドコモがSIMロックの解除をした場合には、同じ通信方式を採用しているソフトバンクモバイルのSIMが利用できるようになります。


 ただ、NTTドコモの端末については、SIMロックを解除した本体を購入してソフトバンクモバイルのSIMを差し込んでまでして使いたい魅力的な商品があまり思い浮かびません。

docomoのFOMA

 私としては、ソフトバンクモバイルの携帯電話がSIMロックの解除をして、NTTドコモのSIMカードを差し込んで使えるようにしてもらっや方が、よほど嬉しいと思います。なぜならば、NTTドコモの通信網を使って、iPhoneが使用できるようになるからです。

 しかし、ソフトバンクモバイルはSIMロックの解除については反対の姿勢を崩していません。せっかく、iPhoneを独占的に販売できる立場にあるのに、SIMロックを解除してしまっては、ソフトバンクの自社の回線を使わずにNTTドコモの回線に逃げていってしまうユーザーが増えてしまうことを容易に想定できるからです。

 ソフトバンクの回線は街で使っているときには、まず不自由することは無いのですが、田舎の人があまり住んでいない地域に行くと、圏外の表示になってしまうことが多々あります。同じ場所でNTTドコモの携帯電話はアンテナがしっかりと立っていることもよくあり、ソフトバンクの回線網の弱さを感じさせる場面が多々あります。(逆にNTTドコモの携帯電話が圏外で使えず、ソフトバンクの携帯電話が使えたという経験は持っていません)

 NTTドコモとしては自社がSIMロックを解除することで、SIMロック解除の波をおこして、ソフトバンクも追随せざるを得ない状況に持ち込みたい考えだと思いますが、今後のソフトバンクの動きがどうなるのか、非常に気になります。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク