NTTドコモで扱えるWiFiルーターは大人気

NTTドコモ研究所

6月24日から発売を開始したDWR-PGというポータブル型のWiFiルーターが大人気で、初回出荷分が多くのお店で完売してしまっているそうです。

増産をしているものの、今後安定して商品を供給できるようになるまでには2ヶ月から3ヶ月程度はかかってしまうと報道されています。

スポンサーリンク

楽天市場で売り切れ

楽天市場で商品を探してみましたが、私が見た時点では確かに在庫は無くなってしまっているようで、取り寄せの表示が出ていました。値段は3万数千円で販売されています。

また、NTT東日本でもフレッツ光サービスを利用している契約者向けに、WiFiルーターを貸し出す「光ポータブル」というサービスを開始しましたが、こちらも予約が多くて、手元にルーターが届くのには時間がかかるようです。

人気の理由

このWiFiルーター、なぜこんなに人気が出ているかというと、無線LANに対応した手持ちのポータブルデバイスを、携帯電話(3G回線)が使える場所であればどこでも使えるようになる魅力からです。最近、公衆無線LANが使える場所も徐々には増えていますが、まだまだ本当に使いたいと思ったときに無線LANが無いことはたびたびあり、とても不便です。ところが、このWiFiルーターのスイッチをオンにすれば、WiFiルーターは3G回線の電波をキャッチして、これを無線LANに変換し、手持ちのポータブルデバイスが使えるようになります。

無線LANを搭載したポータブルデバイスとしては、やはりiPadが気になるところです。iPadの3G回線対応モデルを購入すると、ソフトバンクと契約することになってしまいますが、無線LANモデルを購入する限りは特に通信事業者に拘束されることはなくなります。DWR-PGを購入してドコモと契約をすれば、iPadの無線LAN対応モデルをドコモの回線で使用することが出来るようになります。

また、iPhoneから3G回線通信機能を除いたデバイスとしては、同じアップル社のiPod Touchがあります。こちらのiPod Touchも無線LANには対応していますので、こちらのDWR-PGを購入してドコモと契約をすれば、iPod Touchをドコモの3G回線で使用することが出来るようになります。

私もWiFiルーターに乗り換えることを真剣に考えていたのですが、どうしても、WiFiルーターとデバイスを両方持ち歩かなければいけないこと、当然、充電についても両方を日々しなければいけないことから、今回はiPhone 4を購入してしまいました。ただ、今後はWiFiルーターを巡る事情もどんどん変わってきて、より使いやすい商品が現れてくると思います。2年間は今回購入したiPhone 4を使い続けようと思っていますが、その次の乗り換えのときには、また別のプランについても検討してみたいと思っています。

テザリングで十分かもしれない

【2019/07/16追記】

以前はWi-Fiルーターに興味がありましたが、現在はWi-FiモデルのiPadをiPhone 7のBluetoothテザリングで利用していて、十分だと思えるようになりました。BluetoothテザリングだとiPhoneのバッテリー消費量も穏やかですし、iPadを使っていて特に不便に感じることもありません。

例えば、車の中でHDMI端子にChromecastを差し込んで、Wi-Fiルーターから無線で電波を飛ばしたいような時には便利かもしれません。

【2021年2月22日追記】

楽天UN-LimitのWiFiルーターを入手

楽天モバイルの自社回線網となるRakuten UN-Limitは2020年4月から本格的なサービスを開始して、先着300万名までは1年間無料という太っ腹なキャンペーンを実施しています。ただ、この無料キャンペーンの300万名の枠がそろそろいっぱいになりそうなので、モバイルルーター付きのプランで契約しました。

楽天UN-LIMIT V初めての申し込みで誰でも実質モバイルルーター0円キャンペーンで契約
楽天モバイルではじめての申し込みをするとデータ使い放題が1年間無料に加えてモバイルWi-Fiルータ本体が実質無料になるというキャンペーンを実施しています。一時期は人気でモバイルルーターがすぐには届かない状況だったこともあるようですが現在は落...

このモバイルルーターは本体1万円弱の商品なのですが、キャンペーン適用で1円、その1円もアンケートの回答で1ポイントもらえるので実質無料というキャンペーンになっています。

仕様はシンプルで割り切った内容のルーターですが使いやすくて活躍してくれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました