無料化後の八王子バイパスを走りました

横浜線

 高速道路無料化が始まってから東富士五湖道路を先日走ってみましたが、今度は東京都内で唯一無料化の対象になった八王子バイパスを走ってみました。八王子バイパスは国道16号線の橋本駅付近から北の部分、京王線の北野駅の近くまでを結ぶ道路で、16号線の旧道をバイパスする形で作られた片側二車線の道路です。

 道路の区分上は高速道路でもなく自動車専用道路でもありません。道路上の最高速度も有料道路の区間で60Km/hに制限されています。Wikipediaによれば、よく速度の取り締まりが行われているようですので、走行にあたっては注意が必要です。私が通貨したときには明らかにこの制限速度を上回るスピードでクルマが流れていました。


 16号線の旧道は片側一車線の道で混雑しているので、八王子バイパスはなかなか使い勝手が良い道です。有料だった時期もそんなに高い料金では無かったので、交通量はそれなりに多かったと思います。今回、八王子バイパスを走ったのは、火曜日の午後9時ごろです。平日の夜ということもあって、私が走った時点では八王子バイパスはかなり空いていました。

 特に渋滞するようなこともなく、スムーズに有料道路の入り口から出口まで走り抜けることができました。そのまま左入橋の交差点まで16号線を走りここで左折、中央自動車道の八王子インターチェンジから調布インターチェンジまで走りました。中央自動車道の上り線もほとんどクルマが走っていなくて快適に走行することが出来ました。

 今回、八王子バイパスを通る時、私はETCをつけていたのでETC専用レーンを減速しつつ通り抜けたのですが、ETCを搭載していないクルマは有人のレーンを走って行きます。この料金所で一旦停止して、利用証明書を受け取ることになっているはずなのですが、何故か一旦停止していないように見えました。私が見ていたレーンもETCレーンだったかもしれないので、また通ることがあれば、よく見ておきたいと思います。

 八王子バイパス周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント