そろそろ日産ラフェスタの車検の準備

車検の期限が12月に迫ってきました。早めに予約を入れたりすると割引になるところも多いので、どこで車検を受けるかそろそろ決めておかなければいけません。最近、オートバックスやクルマを購入したディーラーから車検の案内が送られてきました。

値段的にはオートバックスの方が安いようですが、まだクルマの保障期間内なので、何か問題が見つかったときの対応まで含めて考えるとディーラーで車検整備を受けておいた方が良いような気もします。


ディーラーでの車検をやめた人のレポートがこちらにありました。(車検費用-安く済んじゃった♪)

こちらのサイトではホリデー車検というというところにお願いしたところ、ディーラーでお願いしていたときと比較して、数万円安くなったことが紹介されていました。気になる情報です。

安くあげたいならばユーザー車検という手もありますが、手間を考えるとやはりお店に一括して頼んだ方が良いような気もします。

残念ながら前期型のラフェスタはエコカー減税の対象ではないようなので、ちょっと車検時にかかる費用が高くなってしまいますが、あとで困らないようにお金の方の準備もしておきたいと思います。

【2012/09/12追記】

この車検が終わってから2年間、ラフェスタは何も問題無く動いています。また、ディーラーから次の車検の案内がやってきました。東京日産ではラフェスタはMサイズのクルマに相当し、

トッピング  45000円
おてがる   50000円
おすすめ   61000円
おまかせ   73000円
シビアコンディション 1260円
グッドプラス保証 9900円から

となっています。また、この料金とは別に各種税金など諸費用がかかります。どのコースで行くか、少し勉強してからディーラーに連絡をしようと思います。

【2022/05/17追記】

スポンサーリンク

車検の不安は価格•料金がダントツ

ネクステージという会社が車検に関するアンケートをしたところ、ユーザーの半数以上がディーラーで車検を受けている他、不安として最も多かったのは過半数の人が感じている「価格•料金」でした。

車検そのものは料金はさほどではないのですが、自賠責保険や税金が高いほか、車検を通してしばらく安心してクルマに乗り続けるための整備費用がとても高くなる場合があります。

トータルで20万円ぐらいになってしまったという場合も多いと思います。タイヤを4本交換したり、バッテリーを交換したりと、とかく高くつく場合があります。

意外にお金がかかるのは、消耗品の交換で、部品代はさほど高くなくても、工賃が高い場合もあります。

もう少し安く整備ができるようになれば、安心してクルマに乗り続けることができるのですが、難しいのでしょうか。

コメント

  1. ラフェスタの12ヶ月点検をしてきました

     3年落ちで購入した中古車ですが、購入をしてから12ヶ月がたちました。そこで購入した日産の中古車屋に行って12ヶ月点検をしてきました。事前にエアフィルタ…

タイトルとURLをコピーしました