高速道路における「守って下さい。5つの約束!」

シェアする

高速道路

 新倉PAでもらったNEXCOが発行している「知って得するセーフティドライブ」という小冊子を読み返していると、「守って下さい。5つの約束!」という章がありました。この5つの約束とは以下の5つです。

 (1)安全速度を守る
 (2)十分な車間距離をとる
 (3)割り込みをしない
 (4)わき見運転をしない
 (5)路肩走行をしない

 空いている高速道路では、(1)を守るのが難しく、混んでいる高速道路では(2)が難しいのではないかと思います。高速道路が空いていると、ついついアクセルを踏みがちになり、気がついてみると制限速度をオーバーしていることがあります。また、周りの車の流れも自然に速くなりますので、この傾向は顕著になります。まわりのクルマの流れを遮るような運転をしても車線変更をする車がたくさん出てきて逆に危険なので考慮は必要ですが、スピードメーターを確認しつつ気をつけて運転しなければいけません。


 また、逆に高速道路が混んでいると車間距離はつまり気味になります。どうしても車間をあけると、別の車線のクルマがより流れのよい車線を求めて車線変更をしてくるので、車間がつまりぎみになってしまいます。前に別の車を割り込ませたとき、自分だけが迷惑を受けるのであればまだよいのですが、その背後に並ぶ大勢のドライバーにも迷惑をかけてしまうような気がして、できるだけ前の車の動きに追随して走るようになります。すると、前の車が減速をするとブレーキを踏んでしまってかえって渋滞を酷いものにしてしまう可能性もあります。車間はあけておいたほうがよい理屈はよくわかっているのですが、いざ混雑している高速道路で実行しようと思うと難しいことだと思います。

 また、安全走行のポイントとして、

 (1)ETCレーンは時速20Km以下に減速し徐行
 (2)切れていませんか?ETCカードの有効期間
 (3)もし開閉バーが開かなかったら
 (4)渋滞最後尾ではハザードランプで後続車に合図を!
 (5)進路変更をするときはウインカーで必ず合図を!
 (6)ライト点灯はお早めに
 (7)ヘッドライトは上向き、下向き、こまめに切り替えを
 (8)守っていますか?キープレフト
 (9)大型車の運転特性をご存知ですか?
(10)高速道路上は駐停車禁止です
(11)携帯電話の使用はSA/PAで!
(12)駐車マスに正しく駐車しましょう
(13)アイドリングストップで地球にやさしく
(14)高速道路は一方通行!
(15)屋根の雪を落としてから走行を!
(16)動物にご注意!
(17)ドクターヘリが着陸することがあります

 最後のドクターヘリが着陸することがありますというのは、あまり危険予知の思考回路に組み込まれていないので、本当にヘリコプターが着陸してきたら、かなり驚くでしょう。交通事故などで怪我をした人を救うために、ドクターヘリの要請をする場合があるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク