職場へセールスの電話

シェアする

黒電話

 会社ではIP電話を使っているのですが、個人に専用の番号が割り当てられています。この電話番号は基本的に職場単位で連番になるように割り当てられているので、どうも1つずつ番号をずらして突撃電話をかけてくるセールスが出ているようです。ネットで調べてみると、ほかにも話題になっているようです。

 ★ふとした疑問です。職場のIP電話にセールスが… – BIGLOBEなんでも相談室

 このようにIP電話の番号あてにセールスの電話が突然かかってくることについては、社内で注意事項として周知をされていたものの、自分には全くかかってきていなかったので、あまり気にしていませんでした。

 しかし、とうとう今日になって、私の個人用IP電話番号あてにセールスの電話がかかってきました。社内ので電話帳には職場の代表電話の番号しか公開していないので、もともと個人のIP電話番号当てに外から電話がかかってくること自体が非常に怪しいです。

 電話に出てみると、当然のことながら、こちらの名前は知らないようです。そして、セールスの電話であるとは言わずに非常に遠回しに話しを進めてきます。そして、本題を切り出したところで、やっとセールの電話であることが確実になりました。給与の振り込み方を工夫するだけで年間で30万円は得をするという、いかにも怪しい電話でした。マンション投資も絡んでいるようです。

 セールスの電話だと確認できたら、速攻で、「まったく興味がありません。忙しいので電話を切らせていただきます」と言って受話器を耳から遠ざけました。すると、「忙しい人だからこそ、効果があります」とか、かなり大声で話しています。きっと、ノルマがあって何とか契約にこぎつけなければいけないのでしょう。相手も必死です。しかし、このままセールスの電話につきあっているわけにはいきませんので、そのまま電話を切りました。

 電話番号は非通知では無かったので、そのまま総務担当に連絡をして、その発信元の電話番号については対応の方法をどうするか総務の判断にゆだねました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク