大久保の「壱蔵家」で横浜家系ラーメン

大久保駅

 新宿駅西口から大久保駅の近くを通り中央線のガード下をくぐって小滝橋まで続く小滝橋通りという道があります。この道沿いには、色々な飲食店がひしめき合っています。私が行ったことがあるお店もいくつかあります。

 ★ 蒙古タンメン中本の新宿店に行った
 ★ らーめん大の大久保店に行きました
 ★ 新宿で「すた丼」を食べました

 今回は大久保駅に近いところにある家系らーめんの壱蔵家に行ってみました。店舗の外観はストリートビューで見るとこんな感じです。


大きな地図で見る

 この日は月曜日のお昼、12時30分頃でした。近所のサラリーマンで、どの昼食スポットも混んでいる時間帯です。


 お店の中に入ってみると、カウンター席オンリーのようです。入口からすぐのところに自動券売機があり、こちらで特製らーめん(並盛)を買いました。850円です。

 お店の中は程よく混んでいました。どちらかというと学生とか作業服を着た人が多くて、このときはスーツ姿のサラリーマンはいませんでした。

 奥の方に空いていた席に座って、食券を店員さんに差し出します。「何かお好みはありますか?」と突如聞かれました。麺の堅さやスープの味の濃さ、脂の量などを選択できるようです。私はまだこの店は初めてでしたので、「全部普通でお願いします」と注文しました。「半ライスを無料で付けられますが?」の声に「お願いします」と答えました。

 10分弱待っていると、らーめんが出てきました。かなり具が多いです。大きなチャーシューが2枚、ネギ、ゆで玉子、海苔、ほうれん草、キャベツ、もやしなどが麺の上にのっていました。スープは白っぽい色をしています。何となく手間をかけて、じっくりと作りましたという雰囲気が漂っています。豚骨っぽさはあまり無く、美味しいスープでした。麺にスープがよく絡みます。チャーシューはとっても厚くて肉っぽさがあります。

 カウンターにはライスの正しい食べ方なども案内されていて、なかなか面白いお店でした。また、行きたいと思います。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント