iPhoneで使えるRSSリーダーはBylineが便利

RSS

 ブログの記事をまとめて読むときには、各ブログで配信されているRSSをRSSリーダーに登録しておくと、未読の記事だけを次々にまとめて見ていくことができるのでとても便利です。このRSSは当初は特殊な機能という印象が強かったですが、最近のブラウザではこのRSSの表示に対応しているものも増えてきましたので、徐々に一般的な機能になってきました。


 RSSリーダーとしてはGoogleリーダーを常用しています。このGoogleリーダーはクラウドの利点を最大限に活かすことができて、どこまでRSSを読んだかなどの情報はすべてホスト側で管理されていますので、どんな端末でアクセスしようとも、いつも未読のRSSを読むことができます。

ByLINEの一覧画面

 このRSSをiPhoneで読むときには当初はブラウザでGoogleリーダーを開いていた時期もありましたが、Bylineというアプリケーションを使ってからは手放せなくなってしまいました。

 どんなアプリケーションかというと、Googleリーダーと完全に同期をして、iPhone上で記事を一つずつ簡単に読んでいくことができるようになります。しかも、記事をキャッシュしてくれる機能まで付いていますので、電波が届かないところにいても、RSSを読み進んでいくことができます。

タイトル一覧画面
記事の閲覧画面

 使い方などについては、こちらの記事に非常に詳しく書かれていますので紹介します。

 ☆Bylineが3.0で再びメインに返り咲きました♪ | 普通のサラリーマンのiPhone日記

 通勤中や出張先への移動中、iPhoneでこのアプリケーションを立ち上げて、RSSを読み進んでいくととても便利です。

【2011/07/03追記】

 結局、RSSをiPhoneで読むときには、今でもこのアプリケーションを常用しています。あまりにも使いやすいので、今度は有料版を購入しようと思っています。




Byline

【2012年8月20日追記】

今でもRSSのチェックには、Bylineを引き続き使っています。ほかのRSSリーダーに浮気をしたこともあったのですが、結局はBylineに戻ってきてしまいます。

無料版を使っていると、画面の一番下に広告が手間ているので、これさえも慣れてきてしまいました。いまだに有料版にアップデートできていません。

ただ、次のキャンペーンのときには、ぜひ有料版にアップデートしたいと思います。

コメント