NTTドコモのLTEサービス

インターネット

アンテナみたいな岩

モバイルデータ通信の分野でもブロードバンド化がどんどん進んでいますが、その中でドコモからはLTEサービスが12月に開始されました。このサービスを使用すると下り方向の理論上の最大速度が300Mbpsになります。(開始当初は下り最大75Mbps)


12月24日のサービス開始です。そのときのオープニングセレモニーの様子はYoutubeに動画が公開されていました。NTTドコモでは「Xi(クロッシィ)」という名前を付けています。
それまでは、イーモバイルの下り最大42Mbpsが最速でしたので、ドコモのサービスは格段に早くなったことになります。

しかし、ドコモのLTEサービスは今のところ、人口カバー率が7%しかありません。2011年度末でも20%,2012年度末でも40%にしかならない予定です。

この人口カバー率というのも気をつけた方が良くて、人が多い市区町村から優先して設備を作って行けば、全国二千数百の市区町村のうち500の市区町村に設置することで80%の人口カバー率を達成できるのだそうです。このときの面積カバー率は32%ですので、面積でみると、まだ十分な網羅率ではありません。

これからモバイル分野でも高速な回線に対するニーズはどんどん増えていくものと思います。NTTドコモが高速モバイルネットワークの分野でも主導権を取ることが出来るのか否か気になる戦いになりそうです。

コメント