東京は雪なのでワイパーを立てておきました

ワイパーとカエル

家に帰ろうと思い、会社の建物から外に出てみると、東京都区内にもかかわらず、猛烈に雪が降っていました。傘をささずに歩いていると、コートの上にどんどん雪が積もっていきます。まだ、アスファルトの上には雪が積もっていませんでしたが、この分だと、夜のうちにかなり積もることになりそうです。


自宅の近くまで帰ってみると、雪は数cmは積もっていました。東京ではこの冬一番の雪ではないかと思います。まわりに停めてあるクルマを見てみると、かなりのクルマがワイパーを立てていました。雪の日には駐車しているクルマのワイパーが上がっているところをよく見かけます。どんな意味があるのかよく判らぬまま、ラフェスタのワイパーを立てておきました。

家に帰ってからネットで調べてみると、こちらのページに詳しく書いてありました。

雪が降ったときの、ワイパーの注意点|OKGuide[OKガイド]

このサイトによれば、雪がそれなりに降る場合はワイパーを立てるようです。ワイパーが凍結してしまうことを防ぎ、かつワイパーの上に降り積もった雪でワイパーが歪むことを防ぐ意味があるそうです。

しかし、雪の量がとても多い場合にはワイパーを立てておくと雪の重みで根元から折れてしまうこともあるそうです。雪がたくさん降る場合には、ワイパーは立てておかない方が良いそうです。

また、普通のワイパーよりも値段は高くなってしまいますが、雪が多い地方ではスノーワイパーを取り付けた方が良いかもしれません。

明日の朝になったとき、ワイパーを立てたままにしておくと、登校途中の小学生にいたずらされるような気もしますので、会社に行くときには立てておいたワイパーは戻しておこうと思います。

【2018/01/23追記】

また、東京では沢山の雪が降りました。都心で18cmの積雪ということで、四年ぶりになるほどの雪だったそうです。

今回は午後から雪が降り始めたので、帰宅のラッシュ時間に交通機関のダイヤが乱れて、大変でした。ただ、翌朝はほぼ定刻で中央総武線が動いていたのは感心しました。

問題は道路です。スタッドレスタイヤを履いていない車が家族を駅まで送るためか道路を走って、動けなく車が多数いました。そのためバスが巻き添えになって、バス停で待っていてもやって来ません。
このような日は混乱の原因を作ることを避けるために、チェーン装着なし、スタッドレスタイヤなしのクルマは安易に街中を走らないようにして欲しいところです。

コメント