放射性ヨウ素はろ過できるか?

浄水場と「ろ過」

 昨日は東京都の金町浄水場で水道水から乳児の飲用の基準を上回る放射性ヨウ素が検出されたことで報道されて、とても驚いてしまいました。東京からは原発までは相当離れているので、まだ汚染の範囲はさほどの広がりを持っていないと思い込んでいました。

 この金町浄水場は以前は美味しくない水として不評でしたが、現在は高度な浄水処理施設が完備されて近代的な浄水場として生まれ変わっています。この浄水場の水がなぜ急に汚染されたのか、原因が気になるところです。


 今回の件とは関係なく、私自身は以前からBRITAのポット型浄水器で水道水をろ過してから飲んでいます。今回、東京都の金町浄水場で乳児の引用基準を上回る放射性ヨウ素が検出されたことを受けて、このポット型浄水器で、はたして放射性ヨウ素をろ過することが出来るのか否かが気になり、ネットで情報を探してみました。

 すると、時事ドットコム(時事ドットコム:浄水メーカーに質問殺到=「ろ過できる?」に困惑-水道水放射性物質)にその答えが載っていました。

 すでに同様の疑問を持った人から浄水器メーカーや浄水器協会には電話が殺到して、担当者の方は回答をし続けていたそうです。気になるその答えですが、「明確な答えは出来ません」とのことでした。

 もともと、水道水に放射性ヨウ素が入っているという前提が無く試験方法も確立されていないので、放射性ヨウ素が除去できるか否かの試験を実施していない、そのため明確な回答が出来ないという事情です。

 色々な情報がネット上を飛び交うと思いますが、まだあくまでも乳児の飲用には適さないレベルで大人には大丈夫と報道されています。乳児に与える飲料水を確保する方が優先ですので、大人が飲用する分の水は買いだめをしないようにしなければいけません。

【追記】

 その後、日経新聞のQ&Aが公開されました。活性炭フィルターで放射性物質の量を1桁少なくできるとされています。ただ、家庭用浄水器の効果については、やはり「詳しく調べられていない」で締めくくられていました。

Q 活性炭フィルターなどで除去は可能か。

 A 放射性物質を含んだ水道水を活性炭フィルターに通せば、放射性物質の量を1桁少なくできるとされる。今回程度の量であればかなり低減できるだろう。一部の自治体では浄水処理プロセスの中で粉末活性炭の注入を始めた。家庭用浄水器にも活性炭が含まれるが、効果は詳しく調べられていない。

 BRITAの公式サイトにも下記のお知らせが掲載されました。やはり、放射性物質の除去効果については判らないという見解です。

水道水に含まれる放射性物質の報道に関し、当社家庭用浄水器「ブリタ」による除去について各方面より数多くのお問い合わせをいただいております。 当社の浄水器は、「家庭用品品質表示法」に基づき対象物質の除去性能試験を実施しています。放射性物質の除去については、家庭用浄水器の除去対象物質に含まれていないため、除去能力試験方法が確立されておらず、性能確認も行っていないため、現時点では明確なお答えができかねます。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 水道水の使用に関して不安に思われる方は各自治体の水道局にお問い合わせください。


大きな地図で見る

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント