バスクリンの薬湯は気持ちが良かったです

バスクリンの薬湯

 先日、楽天市場の楽天24というところで買い物をしました。楽天市場はいろいろなお店が集まった仮想商店街なので、いろいろなお店で買物をすると、個々のお店ごとに送料がかかってしまい、割安感が少なくなってしまいます。ところが、この楽天24というお店は楽天市場の中で売れ筋のいろいろな商品をいろいろなお店から集めてきて売っているため、個々のお店ごとに送料がかかるという課題を克服しようとしています。送料についても低めに設定されているほか、お店で扱われている商品は、特に数百円の少額商品の品揃えが充実しています。

 ★楽天24

 この楽天24で今回購入したもののひとつにバスクリンの薬湯という商品があります。バスクリンといえば津村順天堂の入浴剤だと思っていたのですが、今は株式会社「バスクリン」という名前の会社が販売しているようです。津村順天堂から家庭用品系が分社してできた会社のようです。


 昔は入浴剤といえばバスクリンという感じだったと思うのですが、最近はスーパーの店頭にはいろいろな会社の商品が並ぶようになりましたので、少し値段が高めで高級感のあるバスクリンは使っていませんでした。ところが、楽天でこの商品を見つけたときには、なんだかとても気持ちが良さそうな感じがしましたので、ついつい衝動買いしてしまいました。

 公式サイトでは開発者の方から商品を下記のように紹介しています。

「バスクリン 薬湯」の「薬」は、生薬の「薬」。2009年9月から販売されている2つの新商品には、それぞれトウガラシ成分(商品名:すっきり発汗浴)とショウガ成分(商品名:じっくり保温浴)が配合されています。生薬の力によって、疲れや肩こり、冷えなどを和らげる効果が期待できる「薬湯」は、生薬の研究において長い歴史を持つ当社ならではの商品です。
 開発時にもっともこだわったのは、「生薬らしさ」でした。とはいえ、生薬には、独特の香りがあり、これが苦手、と言う方も多くいらっしゃいます。ご家族みんなで使っていただくために、生薬の香りはマイルドに仕上げつつ、一方で薬効感はある程度残す処方を組みました。さらに、トウガラシやショウガ由来の成分を配合することによる、肌への刺激、安全性も、徹底的にチェック。また、価格についても検討を重ね、オリジナルの「バスクリン」とほぼ同価格並みに提供できるようにしました。

 まず、お風呂にこの商品をいれてみると、色は生姜のような色になりました。そして、臭いがどこかの日帰り温泉でも体験したような薬湯そのものの臭いです。パッケージにはフローラルジンジャーの香りと書いてありますので、生姜系の香りなのでしょう。とても本格的な感じです。逆にこの臭いをプンプンさせながら満員電車などに乗るとマズイかもしれません。

 本当に身体がポカポカしてきて、保温浴としての効果はかなりありそうです。薬湯にはもう一つ、すっきり発汗浴という商品も売っているようです。

 今使っている、じっくり保温浴がなくなったら、すっきり発汗浴の方もぜひ確かめてみたいと思います。

コメント