八王子南バイパスが出来ていました

高尾山

相模湖から東京方面に向かうときは中央自動車道を通ることが多いのですが、先日、久しぶりに甲州街道を使って高尾の方まで抜けていきました。

日本橋を出発する街道にはいろいろな街道がありますが、どのみちも隣の県を抜けるくらいまでは片側2車線以上にきれいに整備されていますが、この甲州街道は何故か高尾のあたりからは道が片側1車線の田舎道になってしまい、しかも大垂水峠を抜けて相模湖のほとりを走っているときは、とても主要道路とは程遠いほどのカーブの連続です。

したがって、どうしてもクルマは中央道に集中してしまい、小仏トンネルで大渋滞を引き起こしてしまいます。この大垂水峠の付近だけでも良いので、もう少しトンネルを掘るなどして、道を整備してくれたら、もう少し中央自動車道の混雑も緩和されるのではないかと思います。そんなことを考えながら、大垂水峠をこえて高尾山口の駅に向けて坂を下って行くと、建設中の圏央道が見えてきました。もう、かなり出来上がってきているようです。

この圏央道ができると、中央道の八王子ジャンクションから東名高速の海老名ジャンクションに接続されます。そうすれば、調布インターチェンジから海老名まで簡単に抜けることができるようになるので、今まで環状八号線を通って東京インターチェンジまで行っていた手間と比較すると、とても便利になります。この圏央道の下を通ろうとしているときに、新しい道が分岐していることに気が付きました。真新しい道で、「町田」と書かれています。どこに出るのかよくわからなかったので、今回はそちらの道を選択しませんでしたが、家に帰ってからあの道がなんだったのか調べてみました。

すると、「八王子南バイパス」という道であることがわかりました。この道を通るとトンネルを通過して、一気に町田街道に出ることができるようです。

この町田街道に突き当たるあたりがちょうど北野街道のあたりなので、調布付近に行くためには、北野街道から川崎街道に出て、稲城大橋または多摩川原橋から調布に出るルートが新しくできたことになります。

八王子南バイパスを走行中の動画が公開されていました。

この動画を見ると、甲州街道とは比べ物にならないほど立派な道であることがわかります。この道路が開通してくれたおかげで、八王子界隈を通過するクルマを少なくすることができて、かなり効果が高いのではないかと思います。

この八王子南バイパスは将来的には国道20号線のバイパスになるようです。東八道路は日野バイパスにもうまもなく接続されますが、今度は日野バイパスが途中、竜泉寺の湯の前などを通ってこの八王子南バイパスに接続されるようです。これが完成すれば、中央道の渋滞は多少改善されるのではないかとも期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました