初代のラフェスタが延命

lafesta

マツダのプレマシーが日産にOEM供給されることがしばらく前に発表されました。低屋根のミニバンでしたので、ラフェスタに近いクルマです。唯一違うのはラフェスタは5ナンバー、そしてプレマシーは3ナンバーというところが少し違うところになります。

こんな状況でしたので、従来のラフェスタはラインナップから消されて、プレマシーのOEM版だけが発売される形になるというのが大方の予想でした。


ところが、日産からの発表を聞いて驚いたのですが、マツダからOEM供給を受けたプレマシーは、ラフェスタのハイウェイスターとして投入し、今までのJOYはそのまま残すのだそうです。

同じラフェスタでありながら、グレードの違いによって、全く違うクルマになります。今まで、日本のクルマの中でもこのような形でラインナップすることは珍しいのではないかと思いました。

そうは言っても、従来から販売されているラフェスタについては、小さなマイナーチェンジは何回かあったものの、大きなモデルチェンジはありませんでしたので、すでに設計が古くなってきていることも事実です。

例えば、兄貴分のセレナは、この前のモデルチェンジでアイドリングストップ機能が搭載されましたが、ラフェスタのJOYには当然アイドリングストップ機能は搭載されていません。本当はプレマシーを投入するよりも、セレナで培った技術をラフェスタにも投入して欲しかったのですが少し残念です。

コメント

  1. マツダのプレマシーが日産へOEM供給されます

    Nissan PIVO / t.ohashi  以前から噂されていた(価格.com – 『次期型』 日産 ラフェスタ のクチコミ掲示板)のですが、マツダの…

  2. ラフェスタの後継車種発表?

    Photo by Fabio Aro  欧州の日産が3月3日に開催されるジュネーブのモーターショーで新型5ナンバーサイズのミニバンを出品することを明らかに…

タイトルとURLをコピーしました