接触事故から2週間が経ちました

JAFトラック

 接触事故が発生してから2週間が経ちました。私が加入している保険会社から連絡をもらいました。まだ、相手の方の保険会社が詳しい状況の確認が出来ておらず、まだ過失割合などの交渉に入ることが出来ないそうです。

 ということで、残念ながら2週間が経過しても前に進みませんでした。保険会社の人に、「こんなに軽い事故で状況の確認だけでこんなに時間がかかってしまうことはよくあるのですか?」と聞いてみると、「運送会社が相手だと、保険会社が連絡を取ったときに実際のドライバーを捕まえるタイミングが難しく時間がかかってしまうことがある」という回答をもらいました。


 保険会社からは、「車両保険は使いますか?」と聞かれました。ただ、出来れば過失割合が決まって、私がいくらを払うかが決まったあとで、車両保険を使うか否か判断したいと思っています。相手車両の損害額にもよりますが、過失割合が決まれば私の支払う額はそんなに高くなることは無いと思っているので、やはり保険が3等級下がることよりも一時的な金銭負担で終わらせてしまいたいです。

 その旨を伝えると、「確かにそうですよね」の反応でした。この場合は、保険会社からディーラーに車両修理費用を払うことが出来ないので、私が全額を立て替え払いをする必要があるようです。壊れたドアミラーとボディの修理で約10万円弱の立て替えが必要です。ディーラーから立て替え払いの請求書が送られてきます。

 一方でロードアシストサービスの方は車両保険を使うか否かにかかわらず、等級に影響を与えることもなく使うことが出来るということでした。ロードサービス分は約10Kmのクルマのレッカー移動で約1万2000円がかかったようです。この料金は保険会社の方から払う手続きを進めて欲しいとお願いをしておきました。

 保険会社どうしの話し合いが早く円滑に進むことを願いつつ、次回の連絡を待ちたいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
自動車・カー用品・メンテナンス
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント