中央環状線と首都高3号線を結ぶ大橋ジャンクションを利用

大橋ジャンクション

先日、アクアラインで川崎の浮島ジャンクションまで出て、その後、首都高速道路の湾岸線から中央環状線、そして高井戸インターチェンジまで向かいました。

このとき、電光掲示板に、首都高4号線は代々木付近で工事渋滞4Kmの表示が出ているのを見つけました。三宅坂ジャンクションから4号新宿線に出ようと思っていたのですが、これでは渋滞にはまってしまいます。


よくよく考えてみると、首都高渋谷線で大橋ジャンクションまで行って、そこから中央環状線で西新宿のジャンクション、そこから4号新宿線に出れば、代々木を回避出来ることに気がつきました。今まで、大橋ジャンクションも通ったことがありませんでしたので、この機会に、中央環状線を使ってみることにしました。

都心環状線から渋谷線に入っていき、国道246号線の上を走っていきます。まわりの景色は見慣れた景色ですので、渋谷駅の上を通っていることなどが判ります。渋谷の出口をとおりすぎてしばらくすると、大橋ジャンクションが近づいてきました。

大橋ジャンクションへの分岐は左側になります。分岐を通って走っていくと、噂には聞いていたループ構造の道の部分に入りました。路面は赤く塗られています。逆方向の路面は青く塗られていると聞いたことがあります。

地下深くへと潜っていかなければいけないので、グルグルグルと円を回ってしばらく行くと、ようやく直線部分に出ることが出来ました。円の半径は小さいので、スピードを出して通ろうとすると遠心力がたくさん働いて非常に危険です。多少、スピードを抑えた方が良いです。

渋滞することもなくそのまま西新宿のジャンクションまで着き、そこから4号新宿線に合流しました。笹塚付近までは少し混雑していましたが、その後は特に混雑している場所も無く無事に高井戸のインターチェンジまで着きました。
この大橋ジャンクションから西新宿までの中央環状線はうまく使えば、かなり威力を発揮してくれそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました