セブンイレブンなどに無線LANスポットが出来ます

インターネット

セブンイレブン

スマートフォンの需要が増えて、携帯電話回線がパンクするのではないかという記事が最近よく見られるようになりました。

携帯電話各社は何とか携帯電話回線を行き交うパケットデータの量を減らして、出来るだけ無線LAN回線に迂回させようという努力をしています。こんな流れもあって、最近では、無線LANの整備に関心が集まるようになってきました。


そんな状況の中で発表されたのが、セブン&アイ・ホールディングスからの発表です。何と全国約1万4000箇所の自営店舗に無線LANスポットを設置するそうです。まずは平成23年の10月に東京23区の1300店舗でサービスを始めます。そして平成25年には全国でサービスを開始することを目指すそうです。

今回のサービスの名前はセブンスポットといいます。アクセスポイントは、セブンイレブン、イトーヨーカ堂、そごう、西武、デニーズに設置されます。

このサービスはNTTグループと協力し各店舗には光ファイバーで回線を引きます。また、NTTなどの無線LANの使用契約を結んでいなくても、登録をすれば制限時間内で無料で無線LANを使うことが出来る方向で検討を進めているそうです。

特にセブンイレブンについては、全国の色々な場所に展開されていますので、この無線LANサービスがサービスを開始すると、非常に便利になるのではないかと思います。

今後のサービスの拡充が非常に楽しみです。

【2020/08/19追記】

セブンスポットは現在でもサービスの提供を続けています。ただ、私自身は楽天un-limit に加入した関係で、データ通信量をそんなに心配しなくて済む状況になったので、あえてWi-FiスポットでWi-Fiに接続するような場面は減ってきました。

例えばホテルに泊まったときにそのホテルのWi-Fiに接続したり、スタバに行ったときにスタバのWi-Fiに接続したり等、ある程度ゆっくりと利用する場面に限られていると思います。

コメント