ThinkPad X121eは使い勝手良好

コンピューター

ThinkPad X121e

 先日、レノボ・ダイレクトショップの楽天市場店で購入したThinkPad X121eが自宅に到着しました。意外と小さな箱に入っていました。まずは、この箱から本体を取り出します。箱を開けると、中からももう一つ箱が出てきて、これを空けたところでようやく本体の姿を見ることが出来ました。丁寧にビニール袋に入れられています。

 本体を取り出した後、ACアダプター、電源コード、バッテリー、マニュアルなども箱の中から取り出しました。マニュアルは非常に薄いです。昔のパソコンには信じられないほど厚いマニュアルが付属していることもありましたが、最低限の説明だけを紙のマニュアルに切り出して、詳しい説明は電子ファイルで添付する形式は確かに合理的だと思います。


 パソコン本体にバッテリーを取り付けて、また電源を接続します。そして、電源ボタンを押してみると、セットアップが始まりました。Windows7のセットアップをするのはこれが初めてですが、画面の指示に従っていくだけでしたので、特に戸惑うところはありませんでした。

 今までは、ThinkPad X40を利用していました。このパソコンは1.6インチという小さなハードディスクが内蔵されていたため、ディスクの読み取り速度が遅くなっていて、全体のボトルネックになっていました。また、音がここ2年くらいでなくなっていたり、バッテリーが弱くなっていたりして、そろそろ限界でした。

 ☆THINKPAD X40の調子が悪い

 バッテリーの新品を買ってきて交換することも一時は検討したのですが、バッテリーだけでも一万円程度します。速度を快適にするためには、ほかにもメモリの増設なども必要でした。

 ところが、このThinkPad X121eはメモリが4GBも内蔵されていて、ハードディスクも一気に増量、そして値段は4万円を大きく切っています。X40は10万円ほどで買ったのですが、ノートパソコンの価格がドンドン安くなっていることがわかります。ハードそのものが安くなっていることもあるとは思いますが、Windowsの価格も下がっているのではないかと思います。

 パソコンのセットアップが終わったあと、今度はウイルス対策ソフトをインストールしました。標準ではNORTONの30日間期限限定版が付属していますが、他のパソコンでも使っているAvastを使うことにしました。

 製品の使い勝手ですが、キーボードについては意外と打ちやすい構造になっていて、長い文章を打っていてもあまり苦痛になりません。画面は液晶がとても綺麗で見やすいです。

 スピードはとても速いとは言えませんが、今まで使っていたパソコンと比べれば快適です。用途をインターネットの閲覧や事務作業に限れば問題ありません。

 現在は、とても調子よく使うことが出来ています。もう少し使ってみてから、追加で使用感を書いていきたいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント

  1. THINKPAD R61eを買った

     特価情報を提供しているブログの記事を見ていると、楽天市場のハイパーファクトリーというお店で、Lenovo社のTHINKPAD R61eが49,800円で…

  2. フリーのWindows高速化ソフト Win高速化PC+

    Windows XP Pro Luna Silver / Vibrant Spirit  Windowsはバージョンアップを重ねるごとに色々な機能を実装し…