成田エクスプレス1号に乗りました

旅行・ドライブ

NEX成田エクスプレス

三鷹駅から成田空港第二ビル前まで、成田エクスプレスを利用しました。この列車は成田を朝早く出る飛行機に乗ることが出来るように、成田空港第二ビル前には、朝の7時15分に到着します。三鷹駅を出るのは朝の5時40分です。

三鷹駅は朝の時間帯の東京方面に行く列車は全て各駅停車のホームから出ているようで、成田エクスプレスが来る6番線にはお客さんがほとんどいませんでした。指定された5号車のところで待ちます。


そして、定刻通りに成田エクスプレス1号が到着しました。まだ、5号車には3人程度のお客さんしかいませんでした。なぜか、3人とも車両の左側、窓側に固まっています。

この傾向は、成田空港に着くまで変わりませんでした。お客さんを片側に固めると、バランスが悪くなるだけで良いことは無いと思うのですが、実際はどうなのでしょう。車両が空いているならば、乗車する側から見れば、出来るだけバラバラになるように配置してほしいところです。

三鷹をでると、吉祥寺、新宿、渋谷の順番に止まります。各駅で5号車に乗ってきたお客さんはそれぞれ、5人ずつ程度で、かなり車両は空いていました。三鷹駅を出たのは5時40分で渋谷に着いたのは6時、吉祥寺経由で井の頭線に乗り換えて渋谷に行くよりも早いです。

車掌さんが車内を見て回っていたのは、東京駅を出版したあとでした。確かにこのタイミングであれば、つぎは成田空港なので、効率が良さそうです。切符を拝見ということはせずに、どの場所にお客さんが座っているかだけを確認します。

また、東京駅をでると、車内販売もありました。こんなに朝早くから本当にお疲れさまです。

車内にはスーツケースを置くための荷物置き場がありますが、そちらには盗難防止用に鍵がかけられるようになっていました。この鍵は暗証番号を設定するタイプのものなのですが、もしも暗証番号を忘れてしまった場合は終着の駅で荷物が引き渡されることになるそうです。

 

JR東日本:成田エクスプレス
首都圏から成田空港へのアクセスなら成田エクスプレス。新型車両もデビューし、より快適な車内空間でご旅行の前後をお過ごしください

コメント