日産の本社ギャラリーに行きました

日産の本社ギャラリー

 横浜にある日産グローバル本社の一階にギャラリーがあることは知っていたのですが、今までなかなか行く機会が有りませんでした。8月のはじめに、JICAに行く機会が有りましたので、このときに日産のギャラリーにも寄ってみました。

 こちらの施設には専用の駐車場は無いのですが、隣接する新高島臨時駐車場というところと提携しています。カーナビでこの、新高島臨時駐車場を目的地にして出発しました。


 この日は朝からそんなに天気が良いわけでは無かったのですが、環状八号線がとても混雑しており、甲州街道の交差点から第三京浜の玉川インターチェンジまでかなり時間がかかってしまいました。

 一方で、第三京浜は非常識に空いていたので、とても助かりました。事故の時以外は、第三京浜が混雑しているところにはあまり遭遇したことがありません。

 保土ヶ谷の料金所を過ぎてから、三ツ沢インターチェンジで一般道へ下ります。そこから、新高島臨時駐車場はそんなに離れているわけではないのですが、慣れない道でしたので、曲がるべきところで曲がれなかったりして、少々遠回りして行くことになりました。

 何とか新高島臨時駐車場に到着しました。本当は何かの建物を建てるための土地のようですが、建物を建てるまでのあいだ、駐車場として開放しているように見えます。値段は1時間500円、以降は30分260円という料金体系になっています。

新高島臨時駐車場

 こちらの駐車場の駐車券を日産本社ギャラリーの受付に提示すると、ギャラリーを見学に来た人に限り半額にするための処理をしてくれます。

 駐車場から日産本社までは歩いて数分です。

日産ギャラリーの入口

 ギャラリーの入口の前は、日産リーフを充電することが出来る設備がありました。

日産リーフの充電設備

 ギャラリーの中に入ってみると、そこには日産の色々なクルマが展示されていました。こちらは、最近、ラインアップに追加されたラフェスタのハイウエイスターです。このクルマ、マツダのプレマシーのOEMになります。

日産ラフェスタ ハイウエイスター

 こちらは昔のブルーバードです。現在でもブルーバードシルフィーとして名前が残っていますが、どちらかというと、シルフィーの方が強調されているので、ブルーバードという名前は徐々に聞く機会が減ってきているような気がします。

日産ブルーバード

 こちらは2階から撮影した館内の様子です。

日産本社ギャラリーの様子

 ほとんどのクルマは実際にクルマに乗ることが出来るようになっていました。乗ってみると、どれくらい車内がゆったりとしているか、また内装の雰囲気を確認できます。これだけ色々な車種に一度に乗ることが出来るのはなかなか貴重だと思います。

 この日はリーフの試乗も申し込み順で実施していました。また、館内にはステージの他、日産のグッズを購入することが出来る売店などもあります。

ようこそ日産 グローバル本社ギャラリーへ。
ようこそ日産 グローバル本社ギャラリーへ。クルマの情報はもちろん、グローバル本社ギャラリーでのイベントや最新情報をお知らせしています。詳細は各ページをご覧ください。

コメント

  1. 2012年夏に横浜で鉄道模型博物館がオープン

    Model Railway Show 2008 / kanegen  2012年の夏に神奈川県の横浜市に世界最大級の鉄道模型博物館「原鉄道模型博物館」がオ…