iPhone4でiOS5にアップデートしました

iphone4

iPhoneのOS、iOSのアップデートが10月12日に公開されました。今回のアップデートはかなり根幹部分まで手が入っていうるようで、アップデートにはかなりの時間がかかるようです。また、アップデートが公開されてからしばらくは、ダウンロードおよびインストールする人があまりにも多くて、エラーが発生したというレポートもたくさんありました。従って、少し落ち着いてからアップデートを実施することにしていました。


10月13日(木)の夜になると、エラーが発生したという報告が見あたらなくなってきましたので、手持ちのiPhone4でアップデートを実施してみることにしました。

母艦との接続

母艦となるパソコンは実は2台持っています。1台は大容量のハードディスクを搭載したサーバーマシンで、iTunesのライブラリはこちらにすべて入れてあります。そしてもう一台は普段使っているノートパソコンです。

最初はノートパソコンの方にiPhoneを接続してアップデートを実施しようと思いました。ところが、メインとなる母艦の方に接続しないとiPhoneのアップデートは出来ないことを示すメッセージが表示されました。従って、サーバーの方に行って、こちらにiPhoneを接続しました。

iTunesのアップデート

iPhoneを接続すると、iTunesが起動されます。そして、iPhoneの新しいOSが検出されますので、アップデートを指定しました。ところが、iTunesを最新版にしないとiPhoneのアップデートを実施できないようです。仕方がありませんので、まずはiTunesのアップデートを始めました。Safariのアップデートも同時に検出されましたので、あわせて更新します。全部で15分ほどの時間がかかりました。

iPhoneのアップデート

iTunesのアップデートが終わったところで、iPhoneを接続します。そして、iOS5へのアップデートをはじめてみたところ、今度はアップデートプロセスが問題なく開始されました。バックアップのプロセスに入ったのですが、どう見ても時間がたくさんかかりそうです。待っていても仕方が無いので、そのまま寝てしまうことにしました。

アップデートの終了

朝になってiPhoneの画面を見てみると、無事にアップデート自体は終わっているようです。もしも、朝の段階でエラーなどが見つかると、下手をすると会社に行くまでに復旧できなくなってしまうかもしれないので、無事に終わってくれて本当に良かったです。

iPhoneを触ってみると、iCloud等の設定に関するウイザードが走りました。何画面かの問いかけに答えていくことで、すべての設定が終わりました。

見た目の違い

iPodのアプリケーションは今まで音楽を聴く機能と動画を見る機能が同居していましたが、後者の動画を見る機能については、「ビデオ」というアプリケーションで独立されました。

他にはホーム画面にNwewsstandとリマインダーというアイコンが増えています。

日本語入力のデザインも少し変わっていたり、使い勝手がよくなっていました。

動作速度

新しいOSに更新すると動作が緩慢になることがありますが、今回のアップデートでは、動作速度には大きな影響が出ていることは無さそうです。

コメント

  1. 纖雁釜纒ヨ・ より:

    iOS 5 ・・ュャ時ios5

    iPhone4S??勛?阪2?????????????????iOS5??ŝ?í?勖????宴??????????障????? | ??с?吟??綺???…

タイトルとURLをコピーしました