芦ノ湖スカイラインで湖尻峠へ

芦ノ湖スカイライン

箱根ビジターセンターを見学したあと、裾野市立の富士山資料館に向かいます。桃源台の方へおりていくと、「芦ノ湖スカイライン」の入口を示す標識がありました。カーナビはこちらに曲がるように指示しています。

ここから湖尻峠までの短い区間、芦ノ湖スカイラインを走ることになります。しばらく走っていくと、料金所がありました。料金所とは言ってもそんなに立派なものではなく、小屋に人がいるような感じでした。もちろんETCは使えません。交通量がそんなに多いわけではありませんので、これで十分なのでしょう。


「どちらまでですが?」と聞かれましたので、「裾野の方へ抜けたいのですが・・」と答えると、「今日は大丈夫ですよ。100円です。」と言われました。「今日は大丈夫」の意味がよくわかりませんでしたが、100円を払ったあとにそのまま走っていきます。そして、しばらく走っていくと裾野峠に着きました。クルマを停めることが出来るスペースがありましたので、少し休憩をしてみました。

裾野峠

こちらが、裾野へおりていく道になります。とても判りにくいです。

裾野へと抜ける道

少し曇っていて、眺めはあまりよくありませんでした。

湖尻峠からの眺め

この先は裾野方面に県道337号線をおりていきます。この道、あまり広くない上にカーブが多いので、運転にはとても注意が必要です。対向車が来たときにはすれ違う場所を考慮しなければいけません。芦ノ湖スカイラインの公式ページにも下記のように紹介されていました。

裾野インターから県道337号線で湖尻峠へ登っていくルートです。裾野インターを出て国道246号線から県道337号線に入ります。湖尻峠に出たら、右方向が芦ノ湖スカイラインになります。 このルートは、県道の道幅も狭いですし、県道への入り方も複雑です。渋滞時の迂回ルートと考え、十分な安全運転でお願いします。

 

芦ノ湖スカイライン|公式サイト | 全長10.7キロのワインディングロードが魅力の芦ノ湖スカイライン

コメント