トヨタの新しいハイブリッドカーはリッターあたり35Km走行可能

自動車・カー用品・メンテナンス

toyotaトヨタ

 トヨタ自動車がコンパクトクラスのハイブリッド車「AQUA」を東京モーターショーで初公開することが明らかになりました。JC08モード走行のときの燃費は、35Km/リットルにもなるそうです。人気のハイブリッド車、プリウスについては燃費が32.6Km/リットルですので、これを超えることになります。


 アクアのボディサイズは全長が4mを切ります。そして、エンジンは1.5リットル、そして高出力なモーターが組み合わされています。このクルマ、日本では今年の12月下旬に発売される予定ということですので、あと1ヶ月少しということになります。12月2日からの東京モーターショーに展示されます。このアクアは世界70カ国以上で販売されているヴィッツがベースになっています。

 日本ではアクアという名前で販売されることになりますが、日本以外の国では、プリウスの知名度をいかして「プリウスc」という名前になるそうです。

 気になる価格ですが160万円から170万円とされています。現在のプリウスよりも低めの価格設定になっています。この価格で、これだけの低燃費を達成しているとすると、かなりの人気が出るのではないかと思います。

 具体的な試乗のレビューなどがこれから出てくると思いますが、評判がどうなるか気になるところです。

コメント