iPhoneのバッテリ問題を改善するOSの修正版

スマホ・タブレット・AV

ios

 iOS5を搭載した機器のバッテリー駆動時間が短くなっていると、色々なところで話題になっています。私が使っているiPhone4でも、OSのアップデート以降、バッテリーのもちが悪くなったようにかんじていました。


 以前であれば、朝会社に行って、夜家に帰る時には、まだ3割から4割くらいのバッテリーが残っていたのに対して、OSをアップデートして以降は、夜家に帰った頃にはバッテリーの余裕が無いとアラームが出ることもしばしばありました。

 最近の情報を見ると、アップルの中でも、バッテリーの駆動時間に影響を与えるようないくつかの不具合が、見つかっているようです。

 私自身はこちらのブログで紹介されているようなバッテリー節約設定を実行してみて、現在はかなり改善されました。

 ☆【iOS 5】バッテリーを長持ちさせる方法まとめ | NANOKAMO BLOG

 iOS5で追加された機能がほとんどOFFになっている状態で使っていますが、これならば、以前と同じように夜になってもバッテリーの残量に不安が残るようなことは無くなりました。ただ、iOS5で追加された機能が使えないのはやはり残念です。

 不具合を解消したiOSが公開されたら、ぜひ、手持ちのiPhone4をアップデートして、試してみたいと思っています。

【追記】

 iOS5.01が公開されました。アップデートの方法は下記の通りです。

 まずは、設定の画面を出します。

設定の画面

 一般を選びます。

一般の画面

 ソフトウエアアップデートを選びます。

ソフトウエアアップデート

 アップデートによる修正点が確認できます。

アップデートによる修正点

 こちらはアップデート中の画面です。

アップデート中

 現在、アップデート後の環境で試験利用中です。

コメント