走行中の地下鉄で無線LANが使用可能に

インターネット

東西線 高田馬場駅

東京都交通局と東京メトロでは来年中には地下鉄内全線でトンネル内でも携帯電話を使えるようにすることを発表しました。


車内でパケット通信が出来るようになるので、地上にいるときと同じようにインターネットを使えます。来年の3月までには東京メトロでは南北線の本駒込、赤羽岩淵間、そして東京都交通局では新宿線の新宿と九段下の間で、まずインターネットが使えるようになるそうです。

以前、北海道の地下鉄に乗ったときに、駅間でもiPhoneでインターネットを使うことが出来て驚いたことがあったのですが、これで東京も北海道に一歩近づいたことになります。

驚くほどのスピードで便利になっていくのが少し怖いですが、あと10年も経ったら、「昔は地下鉄に乗っているときには携帯電話は使うことが出来なかったんだ」と話すようなときが来るのでしょう。

【2019/07/14追記】

導入状況

その後、銀座線と日比谷線に無線LANが導入された後、2017年10月に地下鉄東西線、11月には千代田線と順次、導入される拡大されています。東京オリンピックが開催される2020年までには東京メトロでは全車両で無料Wi-Fiを利用できるようにします。

利用感

実際に東西線に乗った際に無料Wi-Fiを使ってみました。空いているときであっても、乗る車両によって快適に利用できたり、ほとんど通信ができなかったりします。車両によって、調子の悪いWi-Fiがあるのかもしれません。

朝のラッシュアワーなど混雑する時間帯ではやはりあまり使えなくなってしまいます。もう少し回線容量を大きくする必要があるのかもしれません。

Related posts

コメント