イオン限定のデータ通信プランに音声通話付きが登場

イオンスーパーセンター

 日本通信はイオンから限定で月額980円のプランを6月10日から提供をはじめ、その圧倒的な値段の安さからたいへんに話題になりました。


 こちらはFOMAのSIMなので、SIMフリー端末かドコモ端末で使うことができます。ただし、一部の端末では動作しない場合もあるようですので、事前に動作じっせきを確認した方が良いです。

イオンion sim

 月額980円で使うプランは、ベストエフォートで通信速度が100Kbpsに限られます。主に、メールの送受信や検索、そしてSNSなど、文字情報主体で使用されることを想定しています。ただ、今から15年ほど前のことを考えれば、100Kbpsというのはかなり早い速度です。当時のインターネットやパソコン通信の実感があれば雰囲気は想像できると思います。

 今回発表された音声通話付きプランは、この980円のデータ通信プランに、一月あたりの通話時間に応じて、S.M.L.の三種類から選ぶことができるようになっています。データ通信ブランの費用に追加する形でプランSは1290円、ブランMは2100円、プランLは3675円です。

 ☆イオン専用SIMに音声通話が可能になりました | b-mobile SIM

 従来はイオン限定SIMを使ったデータ通信と、別の携帯電話で音声通話をしていた2台持ちしていた人が、今回のSIMの登場で1台に集約することが出来るようになります。今回の音声通話プランの登場でb-mobileのシェアがどの程度多くなるのか気になるところです。

コメント

  1. デイタイムだけならば月額1775円からでパケットし放題のプラン出現

    Biglobe のお引っ越しサービスで頼んだせいか、プロバイダの設定とかせずにすんでちょっと拍子抜け / daruyanagi  NECビックローブから2…