ハードディスクの値段がタイ洪水前の価格に接近

コンピューター

HDD

 タイで発生した大規模な洪水被害の影響で、ハードディスクの工場が被害を受けたために、ハードディスクドライブの価格が高騰していました。一時期は2TB程度以上のハードディスクが入手しにくい時期もありましたが、楽天市場で売られているハードディスクドライブの値段を見てみると、最近になって少しずつではありますが値段が落ち着いて来たようです。


 ただ、最近の報道だとアメリカのCPUメーカーであるINTELはハードディスクの供給不足の影響で10月から12月の業績が当初の予想を下回る見込みとなったと発表しています。これはパソコンメーカ各社がパソコンの生産量をハードディスク確保量にあわせて少なくしているので、それにあわせてCPUの売り上げも落ちたことによります。ITMediaの報道などを読んでみると、INTELでは2012年の第一四半期の初頭まではこの影響が続くのではないかと見ています。

 ☆HDD不足がIntelの業績押し下げ 品薄、来年初頭まで続く見通し – ITmedia ニュース

 これを書いている時点で楽天市場で2TBのハードディスクドライブの値段を調べてみたところ、下記の商品が安めの価格設定になっていました。ただ、最も安いときには6000円前後程度の値段になっていましたので、まだ倍近くの値段になってしまっています。

・WESTERN DIGITAL/ウエスタンデジタル 3.5インチHDD WD20EARX [2TB SATA600]【バルク品】

 今後、生産設備が徐々に回復して供給が正常化してくれば、ハードディスクドライブの値段も、さらに落ち着いてくるのではないかと思います。

Related posts

コメント