パソコンがなくてもiPhoneを活用できるようになったiOS5

スマホ・タブレット・AV

ios5

 5については、iCloudへの対応が最も印象的でしたが、実はそれ以上の意味があることを紹介する記事がcnetにありました。

 従来のiOSでは母艦となるパソコンが前提になっていました。iPhoneのバックアップや同期、そしてiOSそのもののアップデートなどはすべて母艦となるパソコンに接続された状態で行われていました。


 ところが、5ではPCレスでモバイルデバイスだけで運用出来る思想に変更されています。バックアップはiCloudに対して出来るようになりましたし、iOSのアップデート自体もモバイルデバイスだけで出来るようになりました。いわば、モバイルデバイスがパソコンの束縛から解放されたことになります。

 パソコンを持っていないユーザーでも、iPhoneやiPadを購入して楽しめるようになるための第一歩として、今回のOSのアップデートは大きな意味がありました。

iphone4s&mac

 従来の携帯電話はパソコンを持っていない人でも楽しむことが出来ましたが、iPhoneは登場当時からパソコンと組み合わせて使うことが前提になっていました。やはり、これでは使うことが出来る人が限定されてしまいます。このパソコンが不要になったということは非常に利便性の向上に効果があったのではないかと思います。

 タブレット端末の登場等により、徐々にパソコンの出番が減ってきているように思います。今のところは長文の入力はキーボードが付いていた方が楽なので、ノートパソコンを利用していますが、最近のソフトウエアキーボードの入力方式もかなり改善が積み重ねられてきていますので、キーボードを使わなくなる日も近いのかもしれません。よく、出先でブログのエントリーを作成することもあるのですが、その場合はiPhoneを使ってフリップ入力で文字を入れていくようになりました。

 今回のアップデートによりiPhoneはパソコンからの独立性がより増したことになりますが、今後のOSのアップデートでも更なる進化を遂げることが想像出来ます。たいへんに楽しみです。

Related posts

コメント