ADA SOLAR-1のメタハラ・ランプを交換しました

アクアリウム・熱帯魚・水草

aqua

 120cm水槽で、ADAのSOLAR1というメタルハライドランプを2つ使っています。1つが150Wのメタルハライドランプです。会社から家に帰ってみると、このうち一灯のランプが消えていました。メタハラの器具が壊れたのか、ランプが切れたのか、よく判らなかったので、ランプの中をよく見てみると、管球の中に金属片が少したまっています。どうも、ランプそのものが切れたようです。

 昔はADA純正の交換球が楽天市場などの通販ショップで購入することが出来ました。ところが、一昨年あたりから、ネットではADAの商品は購入出来なくなってしまいました。メーカーとしては、ショップの店頭でないときちんとしたサポートが出来ないことをその理由としていますが、なかなかADAと提携しているショップまで行くことも出来ないので、非常に不便です。

 ☆ADAのソーラーⅠ交換球がネットで買えない

 前回はYahoo!オークションで交換球を落札しました。楽天市場で販売されているこちらと同じ商品です。

・メタハラ灯具を複数台お持ちの方大変喜ばれております!5400k、1000K、14000K、16000Kの4種類か..

 2本セットでこの値段なので、ADAの純正品と比較しても、非常に安い買い物でした。ただし、純正品ではないので、もしも事故などが発生したとしても誰にも責任をとってもらうことは出来ません。自己責任で利用する形になります。それでも、1年以上の間、問題なく使えてきたことも事実です。

 こちらの商品は5400K(ケルビン)から20000Kまで、4種類の商品から選ぶことが出来るのですが、水草水槽で使用するため、この中では最も色温度が低い5400Kの商品を当時は選択しました。正午の太陽光を再現した色温度です。

 ☆ADA SOLAR-1の交換球をオークションで購入

 この色温度はクリアーな印象の光で光合成も活発に行われていたので、良いランプだったと思います。

 今回は同じ商品を購入しても少し面白くないので、楽天市場で違う商品を探してみました。その中で見つけたのが、こちらのPhilips社の商品です。

・フィリップス CDM-TD150W/942 セラミックメタルハライドランプ

 こちらの商品はPhilips製とメーカーがはっきりとしている点、寿命16,000時間となっている点、UV-Block”ガラスを採用しており、一般のガラスと比較して50%から60%の紫外線をカットする点が特に気に入りました。ただ、ADAがこちらの交換球の利用を保証していませんので利用は自己責任になってしまいます。

 一方で、色温度が少し低く4200Kになっている点が多少心配ではあります。だいたい、3800k前後が電球色、5000k前後が昼白色、7000k前後の昼光色となっているようなので、蛍光灯の普通の色よりは少し暖かみのある色ということになりそうです。これならば大きな問題ではないだろうと思い、色温度についてはこれで行くことにしました。

 もう一つは、ネットで色々と調べてみたのですが、ADAのSOLAR1で利用できたというレポートが見あたりません。ただ、寸法には問題が無く規格は同じはずなので、人柱で購入してみることにしました。

 昨日、こちらの商品が届きました。こちらの商品になります。

PHILIPS コンパクトメタルハライドランプ 両口金タイプ RX7S CDM-TD 150W/942

 さっそく、SOLAR1に装着してみました。取り付ける方向がよく判らなかったのですが、管球の中にある円盤状のプレートが交換前と同じ方向になるように装着しました。

 こちらが取り外した球です。

SOLAR-1で利用していた球

 交換が終わったあとに組み立て直して、電源を入れてみました。じっくりと明るくなっていくことが判りました。特に取付方に問題はなかったようです。

 最初はとても色合いが黄色く見えたのですが、時間が経つにつれて白さの度合いが増えていき、アクアリウムで使う上では特に問題ない範囲になりました。今までと比較すると、とても明るくなったので、水草から光合成による酸素の泡がたくさん出てくるようになってきました。

 今回も交換球はADAの純正品ではありませんので、事故などが発生するリスクがありますので、あくまでも自己責任での交換です。今後、使い続けていく中で不具合などがあったら報告したいと思います。

【2012/02/19追記】

 最近、身の回りにLEDライトが増えてきました。そして、その波は水槽用のライト押し寄せてきています。楽天市場で商品を探している中で偶然、こちらの商品を見つけました。

・LEDの特性をフルに発揮した50W LED水槽用照明!50W素子は白熱球換算で驚きの400Wの明るさ相当!…

 120cm水槽だとこちらのライトを2つ付ければ必要な明るさが確保出来るようです。こちらの器具には50W分のLED素子が付いています。これで白熱球に換算して400Wの明るさだそうです。

 省エネルギーになる上、電球の寿命も今までのメタハラや蛍光灯に比較して、かなり長くなります。今回はメタハラで電球を交換しましたが、そろそろ、SOLAR1の器具自体の寿命も迎えそうなので、次に器具を買い替えるときには、間違えなく、LED型のライトにしたいと思います。

コメント